Cesare Attolini チェザレ・アットリーニのシャツ

編集部がCesare Attolini チェザレ・アットリーニを推しているのは、このブランドが一流と世間で言われているからではありません。

このCesare Attolini チェザレ・アットリーニというブランドのネームが入った商品を手に取る度にそのクオリティに驚き、舌を巻く。でもって感極まって、思わず記事を書いてしまいます。とまあそう言う仕組みになっているわけです。

今回はチェザレ・アットリーニの作り出すドレスシャツの魅力について、紹介していきましょう。

ハンドメイドジャケットのためのシャツ

attolini01

ハンドメイドのジャケットというのは、男の憧れです。その柔らかく優しいステッチの風合い、美しく波打つ生地、立体的で着る人に寄り添うようなシルエット……。

しかしどうでしょう、せっかく着心地の素晴らしいハンドメイドジャケットを手に入れたとしても、その下に着ているシャツが二流の品であったなら、ジャケットの着心地の良さなどまるっきり感じ取れない状況になってしまうでしょう。

そう、ハンドメイドのジャケットの良さを最大限感じたいのであれば、それと同じクオリティを持つドレスシャツを合わせる必要があるわけです。男の職人が作ることの多いジャケットに比べ、女性の職人の名が目立つシャツ。まるでイタリアの伊達男と、それを支えるイタリアのマンマのような関係にあるのが、ジャケットとシャツなのですね。

チェザレ・アットリーニはナポリ仕立て、ハンドメイドのジャケットで世界に名を馳せているからこそ、それに見合うシャツを扱う必要がある。

そういうわけで改めて見てみると、チェザレ・アットリーニのシャツはハンドメイドジャケットに合わせて然るべき、素晴らしいハンドメイドシャツなのです。

ナポリの手縫いシャツ

DSC_7297

例えばマシンメイド最高峰という言葉が与えられている、FRAY フライのシャツ。その良さは複雑な立体である人間の身体の形状を踏まえて計算され尽くされた、カッティング。そして精密なミシン縫いによる強度です。

ミシン縫いであるということは、手縫いに比べて糸に遊びが無いため、どうしても着心地が硬くなってしまう。それを補う、むしろ手縫いを必要としないほどの無駄なく不足のないシルエットを作ってこそ一流なのだ、というFRAY フライの理念には、なんとなく北イタリアの空気を感じます。

それに対し、こちらのチェザレ・アットリーニのシャツ。このシャツはどこもかしこも波打つようなシワが寄っている。手縫いの縫い目は不均等だし、いかにもアイロン掛けのしにくそうな複雑なギャザーが袖からカフスに向かって走っています。

これらは全て「人間の動きにシャツが合わせる」ための工夫なんですね。ナポリのシャツには研究に研究を重ね、数字で割り出したような精密さはない。

ナポリ人は着て、作って、着て、それを繰り返しているうちに「これはもう少し甘く縫った方が柔らかくなるんじゃないか」「ここにゆとりを持たせたら着心地が良くなるんじゃないか」と経験から、これまであったシャツの型を躊躇無くいじって、どんどん改良していった。

そしてそれが、ナポリ仕立てのシャツとなったわけです。人の経験を生かして、人の手に寄って、人の動きに合わせて作られるナポリのシャツは、他の国や他の地域のシャツとは違う暖かみのある風合いで人を惹き付けます。

もちろんターンブル・アッサーの無駄も隙もないドレスシャツこそジェームズ・ボンドにはふさわしいし、FRAY フライのシャツの芸術的な襟元こそ、世界中のオピニオンリーダー達に適しているでしょう。

しかしお洒落好きの一般人である私たちには、ナポリ仕立てのちょっとシワの入った柔らかい襟と袖と、すぐにほつれてしまう手縫いの縫い目がなんとも嬉しい。風情があるじゃありませんか。

チェザレ・アットリーニのシャツを選ぶ理由

DSC_7284

とはいえナポリにはハンドメイドということで名を馳せているシャツブランドが多数ある。ルイジ・ボレッリがその良い例ですね。それでもあえて、ジャケットブランドであるチェザレ・アットリーニのシャツを選ぶ理由があるとすれば、それはジャケットとの相性の良さではないでしょうか。

もちろんボレッリのシャツだって、バルバだって、フィナモレだってジャケットに合わせることを前提としてドレスシャツを作っているわけですから、ジャケットとの相性は抜群です。

誰かkiton キートンのジャケットに合わせたボレッリのシャツに文句を付けるでしょうか。

それでも世界を代表するサルトリアであるチェザレ・アットリーニのジャケットのノウハウは、恐らく他のどのブランドにも劣ることはない。そして「完璧なジャケットとはなんたるか」を知ったチェザレ・アットリーニが作るシャツは嫌でも「完璧なジャケットを引き立てるシャツ」になる。

フィナモレは単体で着てとても美しいシャツで無ければいけません。それは何故なら、フィナモレのシャツが売られるときには、モデルがシャツ一枚で着てその写真で買い手が選ぶことになるからです。襟のバランス、全体的な生地感、デザインなど全てはシャツで一旦完結しているわけですね。

しかしアットリーニのシャツというのは、常にアットリーニのジャケットと共に紹介されるアイテムです。だから、ジャケットを引き立てるアイテムという点にこだわることができるわけです。

誤解を恐れず極端に言ってしまうのであれば、シャツブランドがそのまま着た時に最も美しい襟をデザインしているのに対し、ジャケットブランドのシャツはジャケットを着た時に最も美しい襟をデザインしている。もちろん全てがそうとは言い切れませんし、シャツブランドでもジャケットは完全に意識しているはずです。それでも方向性として、そういう傾向があることは確かなのです。

そういうわけで、アットリーニのシャツです。

ナポリ仕立ての柔らかい着心地と、自然で気張らない風合いを持ちながらも、ジャケットスタイルを引き立てるシャツ。しかもチェザレ・アットリーニが、チェザレ・アットリーニのジャケットに合わせながら作ったシャツです。

そう考えると、もしチェザレ・アットリーニのジャケットを手にしたのであれば、アットリーニのシャツを合わせてみないのは、少しもったいない感じがするじゃありませんか!

素晴らしいカップアンドソーサーがあるのに、別のメーカーのケーキプレートを合わせて大切なゲストに出してしまうみたいでね。