【イタリア製スーツ生地】 CERRUTI チェルッティの魅力

cerruti-banner

 

CERRUTI チェルッティ

 

CERRUTI チェルッティといえば、イタリアを代表するブランドの一つ。

イタリアのビエラ地方で設立された高級服地メーカーであり、プレタポルテのファッションブランドでもあります。ビエラ地方は特に良質な服地素材で有名な地域ですね。

世界でもトップクラスの生地を扱うZegna ゼニアを始めとして、コストパフォーマンスに優れたCANONICO カノニコなどさまざまなブランドがこのビエラ地方を拠点もしくは起点としています。

イタリアファッションを支配しているウール製品に使われる糸と生地の半分以上は、ビエラ地方で作られているとも言われているほど、この地方のウールは高品質なのです。

日本ではZegna ゼニアやLoro Piana ロロピアーナに比べるとやや知名度が低い。

しかし世界的に見ればCERRUTI チェルッティは最も有名な生地ブランドの一つであり、新しいコンセプトを持ったコレクションが発表されるたびに世界中が注目しています。

今日はそんなCERRUTI チェルッティの生地の魅力に迫るために、CERRUTI チェルッティの生地を使用した2着のスーツジャケットを用意しました。

cerruti1

 

 

独特の光沢感とオルタネートストライプ

 

CERRUTI チェルッティの生地の最も大きな特徴と言えばやはり、その光沢感。

イタリア製生地はなめらかで光沢感のある生地が多いですが、中でもCERRUTI チェルッティの光沢はちょっと異彩を放っています。

それが、光を受けて初めて現れる鈍い光沢。普段は控えめに高級感を演出していて、いざ光を浴びると鮮やかにツヤが出てくるのがCERRUTI チェルッティの生地です。

cerruti6

 

こちらはPaul Smith London ポールスミスロンドンのスーツ。

CERRUTI チェルッティの生地を使ったモデルで、ボルドーと青の個性的なストライプが特徴です。

写真を見ていただくと分かる通り、非常に滑らかな手触りを持っています。特別使っている色が派手なわけではないのに、それでいて存在感があるこのカラーリングもまた、生地がCERRUTI チェルッティだからこそ成すことができた技かもしれません。

次はイギリスから個人輸入したCERRUTI チェルッティのスーツジャケット。

cerruti3

 

こちらは控えめな色彩ながら、それでもCERRUTI チェルッティらしいオルタネートストライプ。細いピンストライプとセルフストライプを交互に配した複雑なストライプ柄ですね。

これもまた上品で控えめな光沢感です。

さらに言えばCERRUTI チェルッティの生地は光が当たったとき、どこかが輝くように光るのではなく、全体が綺麗にツヤになることが多い印象ですね。

左=CERRUTI チェルッティ 右=CANONICO カノニコ

beige-jacketpants5 nicole-jacket15

 

一見ではCANONICO カノニコの方が高級に見えるかもしれない。

でも分かる人にはすぐに、「この生地は何か違う、何かしら特別なものだ」とCERRUTI チェルッティの生地に目がいくようになる。そういった感じです。

 

 

しっとりとラペルが落ち着く

 

生地の良さが現れるのは、手触りや光沢感だけではありません。

スーツの生地に求められるのはむしろ、シルエットやドレープ感。どれだけ美しくスーツの形が決まるかで、生地の良さが現れると言っても良いのかもしれません。

ちょっと、CERRUTI チェルッティ生地を使ったスーツのラペルに注目してみましょう。

cerruti2

野暮ったい厚さがないにも関わらず、貧相に潰れてしまわず、立体的にしっとりと収まる。

CERRUTI チェルッティの生地が、非常に綺麗で滑らかな形のラペルになっていますね。

そしてPaul Smith London ポールスミスのスーツも。

cerruti7

こちらも綺麗に決まっています。

生地のハリやメツキの具合によってシルエットの出来方は変わるみたいですが、CERRUTI チェルッティはその点でもすごくバランスが良いのかもしれません。

CERRUTI チェルッティはオーストラリアから最高基準の原毛のみを厳しい基準で選び抜き、紡績から生地の出荷まで自社工場で一貫して行っているとのこと。

こういったこだわりがその品質を保証しているわけですね。

 

 

悩んでいるなら買い

 

もし今悩んでいるスーツがあって、「CERRUTI チェルッティって聞いたことない」といった不安を持っている方がいるのであれば、あなたには自信を持っておすすめできます。

逆に「ゼニアより安いからこれにしようか」という方は、最初からゼニアを買った方があとで後悔しないかも。

もちろんCERRUTI チェルッティは日本ではLoro Piana ロロピアーナやZegna ゼニアのように有名ではありませんが、品質は折り紙付きと言っても良いものです。

その美しさが素晴らしいのはもちろん、耐久性、実用性ともに不安はありません。

「欲しいけど……」とその魅力に惹かれながらも情報の少なさにためらっているあなたは、ぜひ毎日の生活にCERRUTI チェルッティを取り入れ、スーツでいる時間を豊かな時間にしましょう。

cerruti8

cerruti4