助手席に女性を乗せるときの注意点

突然ですが、普段から車の運転はしていますか?
毎朝通勤に使っている方、週末のお出かけに使っている方、家族の足代わりにされてる方、様々だと思いますが、
今回は男性のみなさんに向けて、書いていこうと思います。

maserati
助手席に女性を乗せる機会、ありますよね?(….え、ない?冗談はおやめください。。)
特に気になっている女性、もしくは彼女を乗せる際の注意点を、今回はお伝えしていこうかなと思います。

まずはじめに、車の運転ってすごい性格でますよね。
いろんな人の助手席に乗る機会があるんですけど、見てるととっても楽しいです。
マイペースさがもろ出ている中学の友達から、短気な性格がちらついている私の祖父、
優しさが滲み出ていた元彼などなど(自虐ネタです)、十人十色ですね。

『あ、信号が変わりそう…..』というときあなたはどうしていますか?
『行っちゃえ〜!』と急発進しますか?『まぁ次の信号で渡るか。』と徐行し始めますか?
はたまた歩行者が目の前での〜んびり渡っていたら?
『早く歩けよ〜』とイライラしちゃったりしていませんか?
自分ひとりで運転しているときならまだしも、助手席に気になるあの子が乗っているときに、
『ちっ』なんて舌打ちでもしてしまった日には、夜にお別れのLINEがくるでしょう。
……というのは言い過ぎかもしれませんが、運転してる姿、態度は重要ですよね。

ではでは、いくつかピックアップしていきます。

 

【まずは車内の雰囲気から】

車に乗った瞬間にまず気になるのは“におい”です。
自分の車だとだんだん鼻も麻痺してくると思うので定期的に誰か、物をスパン!と言ってくれる人に
『ねぇ、俺の車ん中臭くない?』と聞いてみましょう。
反応が微妙だったら今すぐ消臭剤を買いに行くのをオススメします。

つぎは“音楽”ですかね。
音楽は好みがあると思うので、相手の趣味に合わせた音楽を流せば良いと思います。
ただあれですよね。『彼女とよく聞く曲〜♪』なんてのんきにニヤニヤしてると、
たちまち失恋ソングへと変わり、立ち直りというものに影響が及びます。。
まぁでも一緒に歌える曲とかいいですよね。

【運転は焦らずスマートに】

隣に乗っててヒヤヒヤする運転ははっきり言って最悪です。今すぐ降りたいです。
スピードとか、安全確認とか基本的なことはしっかりしましょう。
会話に夢中になりすぎず、でも無口にはならず、、
大変ですが、ようは“慣れ”だと思います。(投げやりではないですよ….)

【気遣いの言葉】

『寒くない?』『シート調節していいよ』など、(ちょっと他に思い浮かばない)
相手を思いやった言葉は、嬉しいと思います。
今の寒い時期、ひざ掛けとか渡してくれたら単純に『優しいな〜』って思います。

【どこいく?はNG】

ドライブに出かける、夜少しその辺をぷらぷらする、ときなど、
『どこいくか』と言われることほど厄介なことはないです。
いくつか行く場所の候補をあげておきましょう。その中から選んでもらう、というのがベストです。

【ある程度、道は覚えておく】

行き先が決まっていたら、道はある程度頭の中に叩き込んでおきましょう。
『あ、曲がるとこ間違えた。』が許されるのは1回のみです。
冗談です。でも道があやふやだと隣に乗っているほうも安心できません。
出かける前にルートチェックを忘れずに!

 

思いつくのはこれくらいですかね。
歩行者に優しく道を譲ってる姿とか見たら、『良い人だな〜』って思います。
あとは車窓から見える景色を共有できたらもう言うことなしです。
隣に乗ってる女の子が外にいるワンちゃんを愛おしそうに見ていたら、
『かわいいミニチュアダックスだね。』なんて言ってみてください。
もうあなたの虜です。(保証はない)

 

ではでは今回はここまでで。年上好きの看護学生でした〜