物理の先生がカメラ好きだと分かったときに言うべき5つの単語

物理の先生がカメラ好きだと分かったときに言うべき5つの単語

 

僕「先生って休みの日何してるんすか?」

先生「ああ、私ね。まあ一眼レフで写真を取りに行ったりするよ。」

僕「ふ~~ん」

先生「そういえば君。まだ課題が未提出じゃないか。」

 

な~~んてならないように、この単語を覚えておこう!

一眼レフカメラが好きな人は、世の中いっぱいいるので覚えて置くとほかのシーンでも訳に立つ。

 

先生「ああ、私ね。まあ一眼レフで写真を取りに行ったりするよ。」

僕「ISO100、歪曲収差、50mm、被写界深度、健康NDフィルター!!」

先生「なんと!偉い!テスト満点にしてあげる!!」

 

てな具合さ!HAHAHAHAHA!

 

ちなみに、

ISO100

ノイズが出なくて昼間に使う感度の低い数値。

歪曲収差

レンズの特性。どことなくユガユガする。

50mm

カメラ好きが一度は通る、単焦点レンズの焦点距離。

被写界深度

ボケボケの写真にしたり、くっきり移したりするときのキーワード。

健康NDフィルター

大切なレンズを健康でいるためのフィルター

 

 

もしもプロのスタジオ寄りカメラマンの場合は、このセリフでOK!

「パーマセルテープ!18%標準反射板!コメット!バウンス!テザー撮影!」

 

 

もしも、50歳以上のカメラ爺と出会ってしまった場合は、これを言えばOK!

「あーはいはい。引き伸ばし、ライカ、感光、リバーサルフィルム、カールツァイス。すごいっスね。」