Brioni 『ブリオーニ』特別な人に、特別なネクタイを。

brioni tie01

Brioni ブリオーニ 特別な人のためのネクタイ

ネクタイは単なるスーツの付属品ではありません。ネクタイは男の平面的な身体に新しい立体感を作り、トーンを抑えたスーツの着こなしに色彩を与える。

そしてネクタイは男にとってはステータスそのものでもあり、どんなネクタイを締めるかは、すなわちその人がどんな人であるかを示しているのです。

軽妙な洒落者のためのTie Your Tie タイユアタイ、エレガントな紳士のためのE. Marinella マリネッラ。ネクタイのブランドや色柄には、そのネクタイに込められた思想が感じられます。

ではBrioni ブリオーニのネクタイは?

これは、特別な人のためのネクタイです。贅を極めた最高級のスーツをさらりとエレガントに着こなし、その人にしかこなすことのできない特別な仕事を完璧に仕上げる。ブリオーニのスーツがそのような人のためのスーツであるのと同じく、ブリオーニのネクタイはそのような人のための「特別」なネクタイです。

ではなぜBrioni ブリオーニのネクタイはそれほどまでに特別なのか。

ブリオーニの極上のシルク生地

brioni tie05

ブリオーニのネクタイの最大の特徴は、やはり極上のシルク生地でしょう。

ネクタイの起源はシルクのスカーフにあることもあり、その製法は今でも大変にシンプルです。ですから、そのシルクがどのような生地か、という点でネクタイそのものの雰囲気や高級感、存在感が全く異なってきます。

ブリオーニのネクタイに使われるシルクは極上のシルクです。非常に低速で時間を掛けて織られたであろうシルクは、上品且つ豊満な光沢感を持っています。

もちろんブリオーニのネクタイの中には様々な生地のコレクションが使用されており、一概にブリオーニの生地は「こうだ」と言うことはできませんが、一番ブリオーニらしいのはやはりプリントのサテン地のシルク生地でしょう。

シルクプリントと聞くと「派手」「奇抜」なネクタイを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかしブリオーニのネクタイのデザインは、いかにもブリオーニらしい象徴的なデザインでありながら、小紋柄と幾何学模様をベースとしており、エレガントの範疇を飛び越えることのないものです。

またブリオーニのシルクプリントは他のブランドのもの、例えば控えめな光沢でヴィンテージ感のあるマリネッラのシルクプリントとは全く別の、非常に艶やかな雰囲気。

カジュアルジャケットや秋冬の起毛素材ではなく、すべからくSUPER 150’Sの贅沢なスーツに合わせるべきネクタイですね。

もちろんブリオーニには他にも、ジャガード織を始めとして実に様々な風合いの生地を使ってネクタイを作っています。

しかし共通してネクタイの生地は美しく、滑らかな手触りで、その色柄はいくら鮮やかであってもどことなく若者よりも、本当にエレガンスを知る人生経験豊かな紳士に似合うものばかりです。