Brioniブリオーニのシャツ

brioni01 brioni02

 

Brioni ブリオーニ シャツの特徴

ブリオーニはクラシコ・イタリアを代表するブランドで、スーツやテーラードアイテムを中心に既製服としては世界のトップクラスに立つラグジュアリーブランドです。

特にスーツに関しては世界中の著名人、例えばジェームズボンドを演じたダニエルクレイグに始まり、ロシアのプーチン大統領までもがこのスーツを愛用していますね。

そんなブリオーニのジャケットやスーツはどれも第一級の生地を使用しており、熟練した職人の手によって丁寧にハンドメイドされているのが特徴です。

Brioni ブリオーニのシャツは以前は別のブランドであったBrini ブリーニというシャツメーカーが、現在はBrioni ブリオーニのシャツ部門として作っているのだという話です。

いずれも非常に鋭いラインを持った襟と、そのすれすれをかすめるステッチが非常に繊細な美しさを持っています。ボタンダウンになっているため、ネクタイをしなくても立体的なシルエットになってくれるのも嬉しいところですね。

またシャツ自体のシルエットに関してはクラシカルな雰囲気ですが、あますところなくフィットする立体的なデザインによって、ゆったりとした着心地からは考えられないすっきりとした外見を持っています。

袖が後付けとなっているためか、非常に自然で動きやすいです。

今回のシャツの生地はやや特殊で、立体的に浮かび上がる細かなチェック柄が特徴。まるでこまかく綿密なチェック柄の刺繍がされているかのような不思議な柄です。

このシャツの詳細

ブランド Brioni ブリオーニ

種類 シャツ

購入日 2014年8月2日

参考価格 54000円

ブリオーニを選ぶ理由

シャツは定番のアイテムなので、様々なハイブランドが独自の基準に従って作ったシャツをコレクションとして発売していますね。

このブリオーニのシャツは5万円強。この値段を出してシャツを買おうと思ったとき、他にはジョルジオアルマーニやドルチェ、ゼニアなどが思い浮かびますよね。

それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。

まずはジョルジオアルマーニ。ジョルジオアルマーニのシャツというのは非常に番手の高い贅沢な綿や、シルク100%などある意味非現実的な素材を使っていることが多いです。また裁ち切りデザインなどを多用していたり、スナップボタンの独特なボタンダウンデザインだったりと、アルマーニならではのアバンギャルドな雰囲気があります。

次にドルチェアンドガッバーナですが、こちらはよりモードでコレクション的な要素が強いシャツが多いのが特徴。襟が二重になっていたり、というのはこういったブランドが始めることによって流行するディティールですね。ジョルジオがひとひねりある個性だとしたら、ドルチェアンドガッバーナはより創作的で、新しいデザインのシャツが多いです。

次にゼニアですが、こちらはわりとスタンダードな雰囲気のものが多いです。その代わり使っている生地はゼニアならではの高品質なもので、やはり高級感がある。上の二つがデザインをメインとしたブランドであり、ファッション性のために品質が高められているのに対し、ゼニアは品質ありき。質の良さから来る高級感が何よりお洒落だと言わんばかりです。

さて、そんな中でブリオーニを選ぶ理由とは何か。

それは他のどんなブランドにも見られない、生粋のイタリア的な美学が表現されているからでしょう。

ブリオーニのシャツは何より仕立てが美しく、特に襟周りのシェイプに関しては他のどんなブランドもかなわないシャープさを持っています。生地はまさにイタリア的で、派手すぎずしかし没個性にならない色合いや柄のものが使われていますね。

いろいろなシャツが視野に入る値段帯ですが、個人的にはやはり、ブリオーニをさらりと着られるような余裕が、大人のお洒落には似合うのではないかと思います。