超高級&最高級のブランド食器とは

筆者の知る限りで真に高級な食器ブランドと言えば、「KPM」と「セーブル」でしょうか。
次に日本で人気なのが、「マイセン」、「ヘレンド」。食器に詳しい人からすれば、異論はあるかもしれませんが市場からすると、この4つが特に”高級で人気”と言えます。

KPMとは

KPM – Königliche Porzellan-Manufaktur Berlin GmbH は「ベルリン王立磁器製陶所」を意味する名前で、ドイツのベルリンで1763年に設立されました。歴史的に見ると、現マイセンの前身である「王立ザクセン磁器工場」の設立が1710年ですので半世紀早いと言えます。
ヨーロッパの歴史について知識が危ういのですが、KPMのルーツはベルリン(プロイセン王国)、マイセンのルーツはドレスデン(ザクセン王国)と別の国であったようです。
北にあるプロイセン、南にあるザクセンとどちらも分かれており、外資獲得のために窯を設立しています。
17世紀から18世紀に掛けて当時は東洋趣味(シノワズリ)が最高潮を迎え、ヨーロッパの貴族達がこぞって中国や日本から高価な磁器を買い漁っており、その需要を獲得するためにも国が力を入れて窯を設立していたそうです。

価格はシンプルな白磁のカップ&ソーサーが、新品で4万円ほど。
絵付きになったり、壺や大型作品など特殊な物は20万円〜500万円など幅広い価格です。

kpm

セーブルとは

1738年にパリの東端に位置するヴァンセンヌに2人で窯を始めたようで、そのあとルイ15世やポンパドゥール夫人に出資を受け、パリとヴェルサイユの中間にあるセーブルに移転して王立の窯になりました。
セーブル焼きと言えば、濃紺色の艶と深みのある色を指し、日本では明治時代に既にフランスから少数が輸入されていたそうです。
年間で制作する量が少ないため、殆どはフランス国内で流通するそうです。

価格はティーカップ&ソーサーで、ペインティング品が20万円程度です。
ティーポットなど10ピース程の2人分セットを揃えると、250万円ほどです。

この2つは日本で店舗を持っておらず、一部の代理店や百貨店の特別なイベントだけ本国から受注や販売に来ます。

37000200_p960

(http://item.rakuten.co.jp/ideale/c/0000002820/より)

次に日本に店舗があり、人気の高級ブランドという意味では、マイセン、ヘレンドです。
最近はFRANZという台湾の高級食器ブランドなども有名になってきました。

マイセン

先程も話しが出ましたが1710年ドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」たのが前身です。
今でも世界中で人気の高い窯で、ドレスデンにはマイセンの博物館を見るために旅行に行く人が多いようです。
日本の柿右衛門様式などにも影響を受けて、東洋をテーマにした作品も多いのが特徴です。

価格は白磁の絵の無いカップ&ソーサーが1万円程度、絵がついた物だと3万円〜20万円程度です。特殊な壺や香炉などの大型作品には100万円〜200万円以上の物もあります。
お金持ちの中で人気のマイセン アラビアンナイトシリーズは、6人分の全てセットで揃えると700万円程するらしいです。

meissen1

(写真は所有品のマイセン剣マークと波の戯れ)

ヘレンド

ヘレンドはハンガリーで1826年に設立された窯です。他の窯と比べるとかなり後から出来たと言えますね。
中央ヨーロッパらしい可愛い絵柄や繊細な形状は日本で人気が高く、百貨店や輸入食器店などでたくさん並んでいます。

カップ&ソーサーで2万円〜8万円の価格帯が多く、6人分のティーセットを揃えると50万円程になります。百貨店などのイベントでペインターが来日したりすることもあります。大型作品の壺などは800万円を超えるものも。希少性が高いものもあります。

herend

(写真は所有品のウィーンのバラ)

超高級な食器まとめ

筆者の個人的な感想では、世間一般で言う高級食器はカップ&ソーサーで5千円〜1万円程。
さらにグレードが上がると、1客3万〜5万円の手作業で作られた品。
超高級は8万円〜20万円位だと思っています。

3万円〜5万円位の高級カップの場合は紅茶やコーヒーを入れて楽しむのに使いますが、8万円〜20万円の品だとキャビネットやディスプレイ棚に収納してコレクションに使う人が殆どだからです。

また1客でなく、そういった超高級食器をお茶会などに使う6人分。それもティーポットやプレートなどと合わせて購入すると、余裕で100万円を超えてきます。
それを日常的にテーブルで使えるとなると本当のセレブって感じがしますね。

wwut10013a

こちらは、ヴィラ レオナーレという洋食器専門店の楽天市場で見かけた商品です。
「わあ、ユーランダーの珍しい色(ターコイズ)のディナーセットだ!」となる人は、セレブかも知れません…。
こういったように、お家にゲストを呼んでディナーを持て成す為に6セットのディナーセットを用意する家庭もあるようです。
つまりホスト(夫婦)とゲスト(夫婦)×二組、もしくは、どちらかに子供2人居る場合など対応できます。

ブレッド&バタープレート、サラダプレート、ディナープレート、カップ&ソーサー、フルーツボウルというのが一般的ですが、そこにスープ用皿が追加されたり、色々と特殊な皿が追加される場合もあります。

ちなみに、上記写真のセット72ピース(中古)のお値段975,000円(!)
ちょっと安い!と思ってしまいますね。

astba

ちなみに、ブランド紹介では敢えてウェッジウッドは出しませんでしたが、最高級品である「アストバリーブラック」はディナーセット揃えると中々の金額が掛かるようです。

・ディナーセット:41ピース 特製ケース付き 税込価格¥8,190,000 (本体価格¥7,800,000)
・ティーセット:23ピース 特製ケース付き 税込価格¥3,990,000 (本体価格¥3,800,000)

そこに、アーサープライスのスターリングシルバーのカトラリーが一式、グラス類なども用意すると中々な金額になりますね…。
ただ、高級腕時計は1本1000万円なんて普通にあるわけで、食器は1000万円出せば、最高級品6人分がフルセットで揃うと考えると意外に安い?なんて、ちょっぴり思ったり。
先ほどのユーランダー・ディナーセットが90万円代というのがお手頃に感じてきますね!

Cameo-Trophies-Grey2

編集部にあるこちらのウェッジウッドは、カメオ トロフィー・グレイと言ってアストバリーブラックと双璧を成すカップですが、定価はなんと24万円!
セーブル級の価格と言えます。まだ一度も使ったことはありません…。

カップ&ソーサーで定価4万円以下でないと日常使いしようとは思えないです。

ww_wild

ウェッジウッド公式ホームページから借用した写真ですが、定番のワイルドストロベリーであれば、ルノーブルで6人分のセール価格が89,000円、そこからプレートなど追加したディナーセットであっても、15~20万円で余裕で収まると思います。
子供の代まで使えるので、これくらいの価格でしたら一般家庭で揃えても価格に折り合いが付き、素敵だと思いますよ!