進学校で底辺になる?? 底辺校でトップになる??

底辺校でトップになるよりも進学校で底辺になった方が確実に良い。

ひとつの意見ですが、最初に断言してしまいます。

底辺校でトップになるのは無駄

底辺の高校でトップになるというのは、ただ自尊心を満足させるだけにすぎません。

しかも残念ながら多くの場合、トップは続きません。

底辺の学力に合わせた教育が行われている中で、みなと全く同じ授業を受けながら自分だけがモチベーションを保ち続け、トップにいるというのは大変なことです。

底辺の高校で出来る友達は底辺の学校の生徒ですから、その人たちに自分を合わせなければいけない。もちろん学力だけが人間性のすべてではありません。

でもやっぱり、問題を起こしてしまったり、あまり社会で認められない行動を起こしてしまったり、そういう感性を持ってしまうのは底辺の高校の生徒なのです。

進学校の良さは勉強よりも感性

進学校で底辺になったところで、自分の周りにいるのはみんな意識が高く、向上心がある人々。

友達はみんなやる気があって頑張っている人でしょうから、自分が底辺になっても、何か小さなきっかけで「ああもう一度頑張ってみよう」と思えます。

つまりどんなに学力が底辺でも、いつでも頑張れるようになるわけです。これが底辺校であれば、周りには足を引っ張られるだけですよね。そういう意味で、底辺校でトップに居続けるのは難しいのです。

逆に進学校で底辺から抜け出すのは簡単。頑張ろうと思えばいつでも集中できる環境と相互に良い刺激を与える人間関係がある。

頑張ろうと思ったとき、まわりの人はライバル意識や向上心を与えてくれる。常に応援してくれるのです。

また、進学校では人間関係も大人びていることが多いです。

ちょっとしたことでくだらない争いが起きるようなことがなく、生徒一人一人がしっかりと意志を持っている場合が多い。

芯があり意志を持っている人は、人を受け入れ認めることができます。

進学校の良さは授業の質や進学率だけではなく、学校の雰囲気や友達になるであろう周りの生徒の感性なのです。

もちろん勉強も進学校が良い

底辺校のトップに甘んじた場合、入れる大学はどの程度のものでしょうか。

他の生徒が就職したり、Fランク大学に入ってるところで自分がDランクの名の知れた大学に入れれば名実共に底辺校ではトップでしょう。自尊心も満たされます。

しかし進学校はもっと良い。

進学校の良さは、底辺からちょっと成績が良くなるだけでMARCHなどの大学に入れる可能性が十分にあること。

「私って頭悪い……」

と思いながら例えば順位でいう270/300位あたりでふらふらしていたとしても、あくまで進学校のレベル。いうなれば普通の高校で100/300位くらいの学力はあります。

中堅の私立大学はもちろん、ちょっと頑張ればMARCHは確実に行ける学力です。努力できる人であれば有名な国公立や早慶上智も狙えます。

進学校での底辺は常に、ある程度高い水準の「劣等生」であるわけです。それに加えてやる気になる要因がたくさんあり、気がついたら成績で上位に食い込んでいることもある。

絶対に進学校に行くべきです。

 

そういうわけで、進学校で底辺か?? 底辺校でトップか??

断然進学校で底辺をお勧めします。

進学校の底辺は思ったより低くないうえ、いくらでも脱却するチャンスがあります。底辺校でのトップは思ったより高くないうえ、あとは落ちていくだけです。