BMW 328i Modern レビュー

bmw328i_top

 

BMW 328i モダン

今回はBMWの中核をなす3シリーズの、ミドルグレード328iを紹介します。
BMW 320i GranTurismo & 335i Coupeでも特集をしましたが、3シリーズは多彩なラインとグレードがあり、それによってキャラクターが異なるので、本当に楽しいシリーズです。

この328iというのは、2000ccに4気筒ターボエンジンを搭載したモデルで、過去の3シリーズと
比べるとダウンサイジング化されたと言えます。
以前の325iは3000ccの6気筒だった事を考えると、イメージ的には少々寂しい感じがします。

標準モデルの価格が576万円からで、このモダンラインは592万円からになります。
2リッターの4気筒から考えると少し高いのでは、という印象を受けました。

bmw_328i_02

 

328i Modernの内装と乗り心地

3シリーズのセダンなだけあり、BMWの3シリーズラインの中でも、しっとりとした乗り心地です。
4人乗りを想定しているためにちょっとした段差を超える時なども、あまり振動が伝わって来ないようになっています。

ですが、BMW全般に言えるスポーツ性は忘れておらず、ハンドルから伝わってくるフィーリングはしっかりとしていて、車を操っている感じを体験する事ができます。
この328iの8速ATは繋ぎ目を感じさせないミッションで、なおかつ4気筒ターボも、
ごく自然な効き方でターボを意識させません。
絶妙な組み合わせのお陰で、0-100キロと言ったシーンも、6気筒モデルと同じほど滑らかで、
4気筒というのを意識しなければ振動も気にならないはずです。

シートも以前のE90とくらべて、より立体的になり、体にフィットします。
グレーのダコタレザーの質感は高く、国産車と比べるとかなりパリっとした仕上がりになっています。
フカフカ感はありませんが、長時間に渡って高速道路を運転しても疲れを感じないのが特徴的です。

また、ダッシュボードに渡ってグレーのインパネになっています。
一件フロンウィンドウに反射しそうですが、マットな仕上がりになっているために走行中もあまり気にはなりませんでした。
ブラックも良いですが、このグレーにすると、良質な革と相まって高級な雰囲気を醸し出すので
せっかく3シリーズに乗るのであれば、明るい室内の色もオススメです。

ドアのデザインは素晴らしく、滑らかなラインに、ドアノブも金属の削りだしのもので毎日車に乗るのが楽しみになります。
革の繋ぎ目はダブルステッチになっていて、とてもお洒落に演出されています。
ダッシュボードのシボ加工は以前のE90よりは大きめのパターンで、クロコダイルの細かな革の部分のような柄になっています。

bmw_328i_04 bmw_328i_03

bmw_328i_05

 

328i Modernの外装とデザイン

このカラーリングは、ブラック・サファイヤといって、パールのように細かなラメになっています。
E90と比べるとスポーツ色が強くなり、シャープなラインが強くなったデザインに変わりました。

好みも別れるデザインですが、ライトの部分やフロントグリル(キドニーグリル)など、見慣れてくるととてもバランスが良く、かっこ良く見えてきます。
ボンネットも以前の3シリーズよりも低く、かっちりとラインが入っているのでスポーティーさを感じさせます。
このF30の3シリーズに見慣れてしまうと、一つ前のE90が物足りなく思えるほどです。

bmw_328i_06

 

斜め後ろから見た姿も、精鋭で新しい3シリーズとして正常進化していると思います。
ブレーキランプの形状も、よりカッコ良い形になり、どことなくアウディのような長細いランプになっています。

マフラーは以前からのように、グレードによって分かれていて、320iは左1本出しマフラ
328iは左2本出しマフラー、ActiveHybrid3(335i相当)は左右2本出しマフラーになっています。

bmw_328i_07

 

丸型二灯のヘッドライトにあったイカリングも、四角を中心としたデザインのものに変わりました。
また、LED化された事によって真っ白になったので、過去のE90の黄色っぽい物より断然かっこ良くなっています。
ライトが付いていない時でも、綺麗なメッキのキドニーグリルと相まって、夜の駐車場などでもとても目立つ事ができます。

DSC_8032

 

328i Modernの走行性能

以前に3シリーズのGTも乗る機会がありましたが、この328iはセダンであっても車格はクーペに似ているだけあり、とてもダイナミックなハンドリングを見せます。

エンジンのスペックで見れば、以前のE90の320iと似たように思えてしまいますが、
4気筒エンジンといえど、以前のモデルで感じた振動やがさつな感じは綺麗に消えていて、
まるで6気筒のように滑らかに加速していきます。
ターボモデルにも関わらず、NAのようなフィーリングで、加速の繋ぎ目がないので快速です。

また、ちょっとしたワインディングロードでも、思っているラインを綺麗にトレースでき、
しっかりと路面の状況も伝わってくるので、飛ばす時も、のんびり走るときも、安心して運転に集中できます。
ターボモデルで250馬力程も出ているにも関わらず燃費も良く、リッター辺り15キロ程をマークしました。

さすがにハイグリップタイヤなどを装着するのであれば、Mスポーツの方が良いですが、
一般的な走行であったり、少し速度を出す程度であれば、このModernでも十分楽しむことができます。

320i 328i ActiveHybrid3 どれが買いか?

とても完成度が高く、不満のない328iです。
ですが、もし328iが欲しいのであれば、多少無理してでもActiveHybrid3をオススメします。
価格でいうと700万円でアクティブハイブリッド3の標準モデルがあるので、
この328iに100万円程多く出すだけで、6気筒の最上機種が買うことができます。

アクティブハイブリッドならパワーも300馬力以上出て、E92の335iクーペでさえ抜き去る事ができるハイパフォーマンスモデルなので、絶対にアクティブハイブリッドの方がオススメです。
また、なんとハイブリッドによるアシストがあるので燃費の方も、328iよりも優れたリッター16.5kmになります。

以前のE90の320iと同じような燃費で、M3に迫るパフォーマンスなので
328iを買うのであれば、間違いなくActiveHybrid3をオススメします。

もしくは、320iを選び、のんびり走るというのもいいかもしれません。
自分にあった3シリーズ選び。どれがいいか悩んでる間もとても楽しいので
是非とも試乗して、ぴったりな”3”を見つけて下さい!

bmw_328i_08

 

BMW 328iの購入店

328iは320iに続き人気の高いモデルで販売店は多いです。
今回の車両をお借りしたのはBMWの正規ディーラーであるサンセイBMWです。

静岡を拠点に展開しているBMWディーラーですが、328iを検討しているのであればサンセイBMWに相談してみて下さい。
正規ディーラーなので最長5年間の延長保証や代車などのサポートを受けることもできます。

また、全国共通の保証なので、東京・大阪・名古屋などにお住まいでも地元のディーラーでサポートを受けることができます。
サンセイBMWは3シリーズの新車在庫も多く、新車でありながら都心よりも有利な価格で購入できる事もあります。もちろん3シリーズや、それ以外のモデルの試乗も可能です。

地元の販売店よりもお得に購入できる場合もあるので、一度問い合わせ&見積もりを出してみることをお勧めします。

静岡営業所 [BMW i 販売店]

〒422-8051 静岡県静岡市駿河区中野新田175-1
TEL:054-284-1351  営業担当:重岡(シゲオカ)

営業時間:9:00~18:00       9:00~18:00(日曜日・祝日)
定休日:新車ショールーム 月曜日  サービス  月曜日

個人的な話となりますが、サンセイBMWは新車だけでなく中古車もお勧めできます。
335iと320iをサンセイBMWで購入していますが、10万キロ走行してもトラブル無く快適です。
厳しい納車前の整備で、不安の残るパーツを全て交換してからの納車になります。

どのモデルでも用意できるので、ぜひ静岡営業所の営業担当シゲオカさんまで相談してみて下さい。
見積もりだけでもOKです。こちらの記事を読んだ事を伝えていただければ、スムーズに商談ができると思います。