ディーゼルの新定番BMW 320d

DSC_0077

省燃費に力強いトルクが魅力

320dは2012年に発表されたモデルですが、認定中古車もかなり増えてきて市場でも定番のディーゼルモデルとなりました。
これまで2リッターのエンジンモデルはトルクが弱いのがウィークポイントとされてきましたが、ディーゼルになることになり大幅に改善されたのが特徴です。

BMW 320dに搭載されているのは2.0リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジン、2.0リッター直列4気筒。最高出力は184馬力、最大トルクは38.7kgmという335iなどの3リッターモデルに迫る力強いトルクが実現されたのです。

ハイブリッドカーに迫る燃費性能

このクリーンディーゼルを採用することによって、E90の320iの実燃費14km/lから20km/lと大幅に燃費が良くなりました。
それでいてシャーシの高い剛性やハンドルのダイレクト感、スポーツ性能、豪華な内装は維持しているので、一切の妥協無くハイブリッドカーに迫る燃費を実現できたと言えます。

特に以前のE90・320iはトルクが低すぎて、ちょっとした坂道でさえも積極的に高回転数を維持しなければ失速しやすかったのですが、ディーゼルの320dになってからはモリモリと加速してゆきます。
街乗りでも信号が青になって加速する時に、少しアクセルペダルに足を乗せればすぐにスピードが出るので、運転の疲れも軽減されました。
ディーゼルのため、高回転は苦手ですが多くのユーザーにとっては街乗りや坂道に強くなったため大きな恩威を得れると言えます。

気になるのはエンジンの騒音と振動

バスやトラックの振動、といえば想像がつくと思いますが、320dはディーゼルエンジンのためアイドリング中にガラガラという騒音とともに振動が発生します。
十分に想定して設計されているので、振動や音なども最小限に抑えられてはいますが、今までガソリンエンジンに慣れている人にとっては大きな問題かもしれません。
また、アクセルをふみ発進するときにもガラガラと音と振動が出るので、慣れるまでは気になるはずです。

あとは「高級車」として500万円以上出して購入して、このエンジンフィーリングというのは、クルマ好きにとっては少し悲しくなります。筆者は335iの直列6気筒モデルに乗っているのですが、普段あまりに滑らかなエンジンに慣れているので、320dに初めて乗った時には振動に驚きました。

燃費性能やトルクなど日常使いに重点を置いてあるのであれば320dは賢明な選択ですが、BMWに対して特別感(エンジンフィーリングや遮音性)などを求める場合は320d以外を選ぶのが良いかもしれません。
5シリーズであればディーゼルモデルであっても遮音性能が向上していて、320dほどは気になりません。
気になる人は必ず試乗してから書類にサインをする事をお勧めします。

全長×全幅×全高 4,625×1,800×1,440[1,430*]mm
ホイールベース 2,810mm
車両重量 1,550kg
定員 5名
エンジン種類 直列4気筒 DOHC BMWツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジン
総排気量 1,995cc
最高出力 135kW〔184ps〕/4,000rpm(EEC)
最大トルク 380Nm〔38.7kgm〕/1,750-2,750rpm(EEC)
燃料消費率 JC08モード(国土交通省審査値)※ 19.4km/l

 

f30-bmw-3-series-22

f30-bmw-3-series-11

DSC_0079