【おすすめ】香水よりもいい香りを手に入れる方法

fragrance-myths-article

おすすめの香水?

皆さんはいい匂いを身にまといたくて、このページを見に来ていることかと思います。でも、香水は好みもあるし付け方によっては「臭い」と言われてしまうことのある難しいものです。

もちろんおすすめの香水は色々ありますが、人によって、あるいはその日の気分や雰囲気によって香水は違うものを選ぶべきなので、ここで数種類をおすすめするよりも、もっと良い匂いを手に入れる方法を紹介しようと思います。

「香水よりも良い香り」の作り方

derbe

今回紹介する方法は至って簡単です。まずは、自分のお気に入りの香りのフレグランス石鹸を見つけましょう。これはどんな石鹸でも構いませんが、単体で匂いを嗅ぐと少し香りが強いなあ、と思うくらいのもので構いません。

石鹸の香りはちょうど香水を選ぶ要領で選ぶのですが、実際には石鹸は一つせいぜい1000円程度なので、香水を買うことを考えたら2〜3つ買って気分で変えることもできますね。

このとき、注意があります。

それは石鹸を買うときに、同じ香り、同じシリーズのボディクリームやシャンプーなどがあるものを選ぶこと。そして特に自分のテーマの香りにしたいような良い香りがあるのであれば、それのボディクリームと出来ればシャンプーやコンディショナーなどを買いましょう。

それを買ったら、まずは自分がお風呂に入るときにそのシリーズのものを使います。すると、まずは自分がその香りになるのが分かりますね。お風呂上がりや朝出かける前などに、ボディクリームを塗りましょう。

そして極めつけは、お洗濯ですね。

linen shirts

自分が着るシャツやブラウスといった、肌に近いけれども表とも接している服を、そのフレグランス石鹸を使って手洗いします。するとどうでしょう、乾いた服もまた自分と同じ香りをまとうことになります。

もしも同じシリーズの香水が手に入ったのであれば、それを水で薄めて霧吹きに入れ、それを使いながらアイロンをかけてあげるのもおすすめです。

shirt iron

霧吹きを使ってアイロンをかけているときには、実際の香水や他の石鹸やフレグランスとは少し違った匂いがしますが、実際に着てみるとその香りがします。特にフレグランス石鹸で洗濯し、この方法でわずかに香水の入った霧を使ってアイロンをかけたシャツは非常に良い香りがします。

特に近づいたとき、大きく動いたときだけこの香りがするうえ、香水とは少し違う柔らかい香りがする。しかしもその匂いはぼんやりとしているけれど、その人はいつもその香りがする。特に自分にある程度の好意を持った異性であれば、より近づいてその香りの正体を確かめたくなる傾向がありますね。

とにかく重要なのは、この統一感です。

ボディクリームやシャンプーに使われるような香りというのは香水に比べれば繊細なものですが、このように全部の香りを統一することによって、意外にもその繊細な香りが際だち、あたかも「絶妙な濃度で香る香水」のような効果になるのです。

しかもその香りは身体全体やシャツからぼんやりと香るのであって、身体の一部から強烈に香るわけではない。なので何となくひと全体が良い香りがするという状況が作れるわけです。

また、例えばあなたが男性で気になっている女性がいるのであれば、ある程度仲良くなってきて、香りについて聞かれたりしたらネタばらししてしまうのも良いでしょう。

男が香りにまでこだわりを持ち、しかも安直に香水を使うのではなくフレグランスにこだわっている、そのために手洗いをしてシャツにアイロンをかけているというのはちょっと「センスが良いな」と女性が思ってしまうエピソードです。

 

いかがでしたか?

今回は香水よりも良い香りを身にまとう方法を書いてみました。

是非参考にしてみてくださいね!