知らなきゃ恥ずかしいジャズの名盤5選

今回は知らなきゃ恥ずかしいジャズの名盤特集!

1.ポートレートインジャズ

portrait_injazz

 

背筋が曲がっていればいるほど名演奏と言われる、ビル・エバンスのアルバム。
キース・ジャレットのように変な鼻歌が入っていないので聴きやすい!
マスタリングのミスで同じ曲が2曲入ってるのが残念。
おっちょこちょいでしたな~。
老後は片腕演奏を追求して、5本の指で10個の鍵盤を目指していたようです。
マイルス・デイビスの知り合い。

 

2.カインド・オブ・ブルー

41yM8BQ03xL._SL500_AA300_

 

ある日、スナック・ブルーノートで飲んでいたところ、ママの勧めで3人が引き合わされ
ビルエバンスとジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイと4人位で演奏した演奏したアルバム。
これがまた結構いい味が出てる。

3.タイムアウト

61B6e-SkJ1L

時間にルーズな4人組が夢の共演!

特にテイク5がおすすめ!
カップラーメンのお湯を入れて待つ間にぴったり。

 

4.マイ・フェイバリット・シングス

img_591241_43695903_0

 

JR西日本に頼まれて、京都の観光のために作られた曲。
なぜ、京都のお寺の名前でなく、「私の好きなもの」になったのかは不明。
現在も研究が進められている。

 

5.サムシング・エルス

pdQL

「マイルス・ハンク・サム・アート」と、「デイビス・ジョン・ジェーンズ・ベーキー」の夢の共演!
こちらもスナック・ブルーノートで収録されたもよう。
途中、トランペットの調子が悪く、渋い音が出ているのが難点。
まるでミュートが掛かっているように聞こえる。