【具体例】ベージュジャケットを使ったジャケパン着こなし

雑誌などで見て「お洒落!」とついつい憧れてしまうベージュジャケット。

買ってみたいけど、でも実際には着こなしにくいよなあ、とちょっとベージュにためらってしまっている人も少なくないはずです。

今回はそんなあなたのために、実は使いやすくお洒落なベージュジャケットのジャケパン着こなしを基本から応用まで詳しく解説していきます。

ベージュジャケット×茶系シャツでエレガントに

jacket46
Sartorio ( jacket ) / Kiton ( shirts ) / Cesare Attolini ( pants ) / Italian Made ( Belt )

ベージュジャケットを最もセンス良く、エレガントに、さらには失敗しないようにジャケパンを着こなしたいのであれば、白パンに茶系ストライプのシャツと合わせてみましょう。

実はベージュのジャケットというのはどんな色とも相性が良く、着こなそうと思えばどんな色のシャツやパンツでもお洒落にジャケパンを着こなすことができてしまいます。

しかし慣れていないうちは、あまり色々挑戦するとヤケドをする可能性があるのがベージュジャケットのジャケパンスタイル。茶系ストライプのシャツは同系色でおさまりがよく、小物のブラウンで統一すれば絶対に失敗しませんので、まずはここからベージュジャケットのジャケパン着こなしに挑戦していきましょう。

さらにベージュジャケットのジャケパン入門におすすめなのはライトグレーのストライプシャツ、薄い青の無地のシャツですね。少し慣れてきたらピンク系の薄いストライプシャツなども良いでしょう。

ベージュジャケット×ストライプシャツで派手ジャケパン

jacket42
Sartorio ( jacket ) / Cesare Attolini ( shirts ) / Cesare Attolini ( pants ) /

ベージュのジャケットというのは、言ってしまえばちょっと派手なアイテム。普通の人からすればベージュのジャケパンなど、少しやり過ぎと捉えられてしまうこともありますね。

ならば、そんなことは気にしない!というかそのさらに上を行こう。ということで、派手ストラプを合わせてベージュジャケットをジャケパンコーディネート。すると意外にまとまり良くお洒落に決まるものです。

というのも、この派手ストライプ+ベージュジャケットというのは、イタリアでは定番のジャケパン着こなしになっているのです。

イタリアにロンドンハウスというサルトリア(仕立て屋)があり、ルカ・ルビナッチという人物がいますが、この人はベージュジャケットを使ったジャケパン着こなしの達人です。

そしてその人の定番のジャケパン着こなしが、このように太めのストライプのシャツに、ベージュジャケット、そして白パンやカラーパンツのコーディネートなんですね。

イタリアで随一と言われる洒落ものをお手本にして、今回の写真のようにベルトレスでジャケパンを着こなすのも良いでしょう。