ダージリン バーネスベッグ Barnesbeg茶園

バーネスベッグ茶園は、1877年にクリスティン・バーンズによって茶樹を植えられました。
この茶園の由来は庭園、「バーンズの庭」を意味しています。

バーネスベッグはダージリンの町から15~17キロに位置しており、カンチャンジュンガの美しい山脈の景色を見ることができます。
ダージリンのレーボンバレーの北西に位置します。森の茂みにあり、平均標高は1260メートル。

現在はグッドリックグループが所有。この茶園の下には、キャッスルトンやマーガレッツホープ、バダンタム、タルボなど有名な茶園がひしめき合っています。

またバーネスベッグ茶園は2010年に完全有機農業として協会に認定されました。

FSSC2000,レインフォレスト・アライアンス、オーガニック認証、フェアトレード認証など有機農業だけでなく、労働者の環境改善まで考えられ優れた茶園の一つと言えます。

 

http://www.darjeelingteaboutique.com/barnesbeg-tea-estate/