ダージリン バノックバーン Bannockburn茶園

バノックバーン茶園はダージリンバレーの西に位置しています。
300ヘクタールの敷地を所有しており、143ヘクタールに茶樹が植えられています。
製茶の生産量は年間90,000キロで労働者は約500人います。
現在は有機農業に転換中です。

バノックバーン茶樹はダージリン地方でも最初の茶園のひとつで、最も早い時期に開園された茶園です。
1850年に創設されており、初めは中国種を植えられました。
名前の由来ですが、スコットランドから来たかの有名なロバート・ブルースが、エドワード二世を破った「バノックバーンの戦い」という有名な戦いにちなんで、命名してスコットランドの勝利を讃えました。
茶園の中は茶工場、茶樹、労働者の村など全て森林の中にあります。

名前がイギリスに由来しているというのもありますが、英国では多くの愛好家がおり
2003年のコンペティションでは最優秀金賞を受賞しています。
オーソドックス製法で作られる、バノックバーンの紅茶はバランスのとれた味わいで良質なダージリンと言えます。

http://www.chamong.com/bannokburn_tea_estate.html