【最新】春夏メンズの流行”バンダナ”に出遅れるな!

コーデの具体例はこちら↓↓

【2014年春夏】話題のメンズファッション『バンダナ』のコーデ参考まとめ!

外国ではもう流行している!?

春夏メンズ着こなし最新の流行(トレンド)にもう気づいていますか!?

そう、ずばり首もとにバンダナ(小判スカーフ)です。

50cm四方の正方形のバンダナを折り畳んで首もとに巻くスタイル。

streetfsn.com

streetfsn.com

streetfsn.com
streetfsn.blogspot.jp

Safariサファリなどのファッション雑誌でもルイヴィトンの広告でも、各所でメンズの首もとにバンダナを巻く着こなしとコーディネートが使われています。

luis vitton

上はルイヴィトンの広告。

きっちりとしたスタイルにあえてバンダナ(スカーフ)を入れてカジュアル感と、リラックスしたトラベラーな印象を作っています。

safari

Safariの誌面でもこの通り。

日本でも2014年春夏の着こなしとして大流行間違い無しです。

というわけで、人知れずさっさと先取りしていきましょう。

何よりも、そのお手頃な値段が魅力

首もとを飾るものはストール、スカーフ、ネクタイ、アスコットといろいろなものがありますが、どれも高い!

ストールで3000円〜、アスコットで6000円〜は当たり前です。

それに比べてバンダナ(正方形の小判スカーフ)はデパートで1000円で売っていたりと非常に安い。

いくつも買ってヴァリエーションに出来るのが便利で楽しいです。

また本当はバンダナというと、唐草模様のものを差していますが、同じようなサイズの正方形小判スカーフを使えば、流行っぽく着こなすことができます。

イチオシはドレスシャツ+バンダナ(スカーフ)

と、上のほうで様々なバンダナ巻きの着こなしを見たわけですが、今年のイチオシは特にしっかりとした襟のドレスシャツにバンダナ巻きをインする着こなし。

上で言うとルイヴィトンの広告に見られるようなスカーフ巻きがおすすめなのです。

実際に編集部でもやってみました。

bandana

ヴィヴィアンウェストウッドの正方形小判スカーフを、グレーのスーツジャケットと組み合わせてみました。

ワインレッドとグレーが好相性で、上品ながらアバンギャルドな雰囲気が出ています。

特にバンダナ(小判な正方形のスカーフ)は柄があるものがもともと多く、着こなすと面積も少ないので、かなり派手なものを選んでも十分着こなせます。

今回のようにヴィヴィアンウェストウッドなどのスカーフを選べば個性を演出できます。

このままスーツにしても、あるいはジーンズと組み合わせてジャケパンにしてもワイルドに決まりますね。

結ばず、巻く!

バンダナや小判スカーフの結び方は以下の通り。

今回はスカーフで。まずはを広げて準備です。

DSC_8185

両側から折り畳んでいきます。

DSC_8186

それをさらに折り込んでいき…

DSC_8187

最後に1本になれば完成!

DSC_8188

あとは首に巻くだけなのですが、ここで2014年らしい着こなしを。

編集部の調べによれば、今年はぎゅっと結ぶようないかにもバンダナらしい着こなしよりも、

streetfsn.com

スマートにすっと巻くだけのスカーフ的な使い方の方が旬!

bandana

バンダナっぽさを感じさせず、あたかもそのために作られたものであるかのように巻いてしまいましょう。

スカーフのように首にかけ、さっと交差させるだけでも良いくらいです。

 

いかがでしょうか??

これから絶対流行る2014年らしい着こなしを、先取りしましょう!

コーデの具体例はこちら↓↓

話題のメンズファッション『バンダナ』のコーデ参考まとめ!