アンティーク マイセンのプレート...

絵画をじっくりと見る機会はありますか? 鑑賞が趣味であれば毎週のように見る人もいるかもしれませんが、多くの人はなかなか見る機会がないと思います。 偉大な画家は多くいますが、それは遠く離れた美術館や画集の中の存在であったり … “アンティーク マイセンのプレート”の続きを読む

Macbook Proで目に優しいブルーライトカットする方法...

目が疲れた……。 シバシバ、バチバチ、なんて擬音を使えばよいか分からないほどに疲れて画面以外を見ている時でさえ痛みます。 目の疲れにきくぅ 私共の編集部はブラックなので、一日に10時間以上も画面を見続けることもしばし。他 … “Macbook Proで目に優しいブルーライトカットする方法”の続きを読む

高級スピーカー、タンノイ(TANNOY) Precision ...

伝統を払拭した新しいブリティッシュサウンド 先に言ってしまうと、タンノイ・マニアはこのスピーカーをよく思わないでしょう。なぜなら今までの伝統的なタンノイからは想像も付かないほど近代的なデザインとシルエット、またサウンドま … “高級スピーカー、タンノイ(TANNOY) Precision 6.4の音質レビュー”の続きを読む

可愛い紅茶缶に入ったクスミティー(Kusmi Tea)...

クスミティーとの初めての出会いは、成城石井にあるアナスタシアでした。 ロシア皇帝の皇女アナスタシアの名前を冠した紅茶ですが、香りはアールグレイに似ていてレモンの果実をぎゅっと絞ったような特徴があります。 クスミティーの特 … “可愛い紅茶缶に入ったクスミティー(Kusmi Tea)”の続きを読む

ルネ・ラリックの魅せる香水瓶の光...

ガラス工芸家と聞いて、誰を思い浮かべますか? やはりラリックを抜きにしてガラス工芸の歴史、ないしは香水の歴史は始まらないかもしれません。 ルネ・ラリックは今から157年前、1860年にフランスのシャンパーニュ地方で生まれ … “ルネ・ラリックの魅せる香水瓶の光”の続きを読む

スワロフスキーのシャンデリア...

ついに念願のスワロフスキーのシャンデリアを手に入れました。 シャンデリアとはシーリングライトの一種で、「灯火を支持するための2本以上の腕木を有し、天井からつり下げられた照明器具」を意味します。 ですが、現代では「ガラスビ … “スワロフスキーのシャンデリア”の続きを読む

シャトー・ラングレ1988年テイスティング...

リコルク、リラベルされているので、最近まで蔵元で眠っていたと考えられます。粘度は少し高く、ディスクに厚みがあります。 端が透明でグラデーションになっています。 香りは黒薔薇から、革のようなにおい。 スプレー咲きではなく、 … “シャトー・ラングレ1988年テイスティング”の続きを読む

ワインセラー さくら製作所 FURNIEL SAF-190G...

「ワインセラーを買うなら、フォルスターかユーロカーヴが良いよ!」 いつも行くワインバーで相談すると、常連のお客さんが口を揃えて言います。 確かに良いのは分かるんです…。でも値段が(T_T) 仲良くさせてもらっている、イタ … “ワインセラー さくら製作所 FURNIEL SAF-190G”の続きを読む

BMW 6シリーズの乗り心地と特徴...

BMW 640iを購入してから2年が経過しました。 この車、初めのうちは違和感がありましたが、長く乗ると馴染んできます。 4シリーズと比べると、取り回しも不便で重たく軽快ではないですが、7シリーズと比べると切れ込みが早く … “BMW 6シリーズの乗り心地と特徴”の続きを読む

アイル・オブ・スカイ(ISLE OF SKYE) 12年...

シングルモルトが人気を博していますが、近年の値段高騰によって中々手に入れにくい存在になってしまいました。 それにシングルモルトだからといって安直にスーパーマーケットで買ってはいけません。どこの何とは言いませんが、とある1 … “アイル・オブ・スカイ(ISLE OF SKYE) 12年”の続きを読む