【コスパ良】ASPETTO アスペットのシャツ実力

aspetto01

ASPETTO アスペット

伊勢丹などで展開されているブランド、ASPETTO アスペット。シャツやネクタイなどを中心としたブランドで、シャツが7000円ほどという非常に良心的な価格設定でありながらも、ちょっと見る人を惹き付けるような魅力を持ったこのブランド。

今回は高級なシャツやジャケットを紹介することの多いウェブマガジンにしては珍しく、安価で手に入るお洒落なシャツ、ASPETTO アスペットのシャツを検証してみようと思います。

安いのにトレンド感のあるデザイン

aspetto

 

このアスペットのシャツの最大の魅力は、普通のカジュアルブランドと同じような値段設定でありながらも、非常にトレンド感のある本格的なディティールになっていることですね。

例えば襟の形。この襟の形はホリゾンタルカラーと呼ばれますが、一着3万円以上するイタリアの高級シャツブランド、Finamore フィナモレというブランドが売り出したことにより大ヒットし、今ではイタリアのインポートシャツの定番となっている非常にトレンド感がありお洒落なディティールです。

またこの襟形だけでなく、前立てや胸ポケットがないのもこのシャツの雰囲気を本格的なインポートシャツのようなものにしていますね。特に胸ポケットはイタリアのシャツにはついていることが少なく、無くすことによって非常にすっきりとした印象になっています。

こういった仕様にするのは別に難しいことではありませんが、意外にもこの1万円以下という値段帯では非常に少なく、こういった仕様のシャツを買おうとするとセレクトショップで1万5000円周辺のものを探さなければならなくなるというのが常でしたので、廉価シャツでこの仕様のものは非常にレアですし、ありがたいですね。

麻100%で日本製

aspetto02

このシャツの凄いところはディティールが本格的なところだけではありません。このアスペットのシャツは7000円ほどという値段設定でありながらも、日本製でしかも天然素材の麻が100%使われています。普通この値段帯だとシャツは中国製になってしまうことがほとんどなので、これは非常にポイントが高いですね。

麻のグレードは中堅といったところですが、逆にこのグレードの麻はこういった原色に近いような鮮やかな色が出るので、一概に「安っぽいから駄目」と言ってしまうわけにもいきません。もちろんもっと柔らかい着心地や手触り、優しい発色を求めるのであればもう少しグレードの高い麻のシャツを買い求めると良いですし、逆に鮮やかさやパリッとした質感が欲しければこういう中堅グレードの麻シャツも良い選択です。

作りに関しては流石に手縫いの箇所などはなくマシンメイドですし、ミシン縫いの精度も1万円以上のシャツに比べれば少しピッチが広く荒い印象ではあります。それでも目立つ不良はなく、作りはしっかりしていて長く着ていくことができそうです。

ただ少し心配なのは薄いボタン。あまりに薄いので、下手なクリーニングに出すとプレスですぐに割られてしまいそうです。

もう一つシルエットがやや広めなので、体型の良い若い人が着ると少しダボッとしてしまうかもしれません。これは百貨店で服を買う層の体型に合わせた結果だと思います。

総評

いかがでしたか?今回はアスペットのシャツについてをマジメにレビューしてみました。もちろん値段相応な部分もありますが、全体を通してみれば非常にコストパフォーマンスに優れたシャツだと思います。

個人的にはイチオシなISETAN MENS イセタンメンズのシャツも9000円ほどで買えるので少し悩むところではありますが、麻100%の素材のものはないので、この値段帯で麻のシャツを選ぶのであればやはりこのASPETTO アスペットを選ぶのではないかと思います。

image jacket

是非チェックしてみてくださいね!