社会人もOK!学生だけのアートイベント「万国學生藝術展覧祭」へ行こう!

2014年8月9日(土)から二日間、ビックサイトで万国學生藝術展覧祭が開催されます。その名の通り、学生であれば誰でもオリジナル作品を出展できるアートイベントです!何かを学んでいる人と言う意味の「学生」なので、社会人の方ももちろん出展できます。

 

そもそもこの万国學生藝術展覧祭(學展)は、5月と11月に開催されているデザインフェスタから派生したものです。夏にもデザインフェスタを!という挑戦で、今年2014年が初の學展開催年となります。

 

 

學展PV

 

出典:gakuten

 

 

 

デザインフェスタって?

デザインフェスタとは、表現のジャンル・スタイルだけではなく年齢も国籍も問わず、誰でも参加できるアートイベントです。プロもアマチュアも関係なく参加しており、アーティストの交流場としても賑わっています。出展者は1日につき約1万人と多く、様々なアート・アーティストに出会える貴重なイベントです。

 

来場する場合、チケットを購入しブースを自由に見て回れます。気に入った作品があれば購入も可能です!ジャンル問わずのアートイベントなので、ポストカードや絵などの平面的な作品、アクセサリーや人形などの立体的な作品、それ以外にも演劇やダンスなどのパフォーマンス作品もあり、出展しているアーティストさんによって毎回変わります。開催日は5月と11月毎に二日間ありますが、その二日間同じ人が出展している訳ではありません。一日だけの出展の人も多いので、二日間連続で来場しても楽しめます!

 

また、ブースも多種多様。出展するアーティストさんはブースも選ぶことが出来ます。たとえば、明るいエリア、暗いエリア。しょうめいの明度が異なっており、作品をより生かせるブースになっています。特設エリアでは、体験型ワークショップや巨大な壁にライブペイントすることができます。イベントエリアには、ライブイベントやショーを行うための27メートルのスペース、映像を巨大スクリーンに映し出せるシアタースペースが用意されており、ダンス、ファッションショーなど様々なパフォーマンスを行えます。

 

グラフィックス1

出典:designfesta

 

実は今年の秋で四十回目を迎えるこのデザインフェスタ。既にデザインフェスタVol.40の出展申し込みはキャンセル待ちとなっているほどの盛況ぶり。

學展はこのデザインフェスタから派生した、夏のデザインフェスタなのです!デザインフェスタと學展の違いは何かを学んでいる人が、参加資格を得られるというところ。さらに、學展にはエリアが増えています。そのエリア名はキャンパスエリア!!そのエリア名通り、オープンキャンパスのように学校を紹介するブースです。学校でグループ出展している所もあるので、アート系の学校毎の雰囲気や、現役で活躍しているアーティストの作品も見られるようです。進路に迷っている方は、足を運んで見てはいかがでしょうか。

 

 

學展が行われるのはデザインフェスタと同じ、国際展示場のビックサイト。チケットは当日券で1,000円ですが、二日間行く場合は1,800円と少しお徳になります。

2014年8月9日(土) – 2014年8月10日(日) 11:00 – 19:00に東京ビッグサイトの東6ホールで開催されていますので、時間がある方はぜひお越し下さい!デザインフェスタも要チェック!

 

 

ami(ライター:霜月アミ)