Apple iphone4 & touch レビュー

Apple iphone4 & touch レビュー

街に出れば一度は見かけるiphone4
自分はiphoneを買うまではノートパソコンやPDAなどを持ち歩き、インターネットなど使っていました。
何ができて、何ができないのか。
音質やUIも含め、のんびり解説したいと思います。

iphone4とipod touch

iphone4-01S

やはりiphoneをメインの携帯電話として使用すると、バッテリーの残量が気になりオーディオプレーヤーや動画などのマルチメディアプレーヤとしては楽しみ切れない部分もあります。
ですが、常に高速データ通信できるのでちょっとした待ち時間や電車などの移動中にインターネットや掲示板など情報収集もできるので非常に便利だと思います。
という訳で、簡単に長所短所をまとめてみました。

gfdf

iphone

長所・・・
通話、データ通信がいつでも自由にできる。ネット接続ができアプリの制限がない。
プロバイダメールなどをいつでも送受信できるので、ノートパソコンの代わりとして使える。
wi-fiとの切り替えが自動なので、自宅でも快適に使うことができる。

短所・・・
touchと比べるとやや厚みがあり重い。月々の通信料や通話料、回線の契約にかかる2年の縛りなどランニングコストがかさむ。
メインの携帯電話として使うと、常にバッテリーの容量が気になり動画などが楽しみ切れない。(モバイルブースターなど外部電源があれば問題ない)

ipod touch

長所・・・
内蔵メモリの容量が多く、iphoneと比べるととても安い。
メディアプレーヤと割り切れば、バッテリー残量も気にならないので音楽再生、動画、アプリなどいつでも楽しめる。
wi-fiに接続すればskypeなどの通話やメールなど、iphoneに近い事ができるので職場や学校、行きつけのカフェなどワイヤレスポイントがあればコストを掛けずに通信できる。
イーモバイルなど契約すればどこでもインターネットができる。

短所・・・
データ通信するアプリの使用が制限される。
Pocket WiFi など無い場合、駅の時刻表などすぐ検索したい時に対応できない。
他のデジタルオーディオプレーヤーと比べるとタッチスクリーンなので、音楽再生しているときに次のアルバム・曲に変えるのが手間が掛かる。
(僅かなことだけど、頻繁に使う操作なので気になる人は多いと思う。)

iphone4-04S

iphone4のUI(ユーザインタフェース?)とソフトウェアの操作

touchやiphoneを買うまで、操作性が独特なのでアップル製品を避け長年ウォークマンを使っていました。
未だに慣れない部分や不満な部分もあるので、実際に感じた事を箇条書きしていきたいと思います。

・音楽再生画面へのショートカットが無い
ウォークマンでは音楽再生画面にすぐ移動でき、ちょっとした時間でも素早く再生できるのに、iphoneやtouchだとホームに戻って「ipod」ボタンを押さなければならない。
また他のアプリに比べて「ipod」を使う機会が非常に多いのに、ボタンのサイズが他のアプリと同じで押しにくい。

・タッチスクリーンのためクリック感が無く、ポケットに入れたまま操作できない
最近はウォークマンのXシリーズなどもタッチスクリーンになってしまったけど、ポケットに入れたまま再生停止、曲のスキップや、アルバムのスキップができないので不便。

・プレイリストの並び替えができない
持ち歩く曲数が増えると、おのずとプレイリストも増えるかと思いますが残念ながらプレイリスト自体の並び替えはできません。
プレイリストのタイトルに01.02.03など振っていけば順番は変わりますが。

・ドラッグ&ドロップでの転送ができない
同期がとても複雑で、曲のD&Dができないので不便です。
また、自宅と職場やデスクトップとノートパソコンのitunesなど
2つ以上のitunesと同期できないので曲の追加や転送が非常に制限されています。
同期されてないパソコンでは中にある曲さえ再生することができません。
GoodReaderなどアプリを使えばMP3など取り込むことはできます。