手の届くアンナマトッツォ AM napoliのシャツ

anna matuozzo01

AM napoli アンナマトッツォのセミハンドメイド

イタリアのシャツ好きにとって、手縫いを多用したナポリ仕立てのシャツは憧れの存在ですが、その中でも非常に特別な存在として、ほとんど伝説ともなりつつあるのがアンナマトッツォのシャツです。

アンナマトッツォは女性のシャツ職人で、かの有名なナポリの老舗「ロンドンハウス」で9歳のときから修行を始め、今や伝説の仕立て屋となったアントニオパニコと共にロンドンハウスの名を世界的なものにした女性。

そしてその女性が自分の名前で独立したシャツブランドが、アンナマトッツォです。昔はアットリーニが、今でも有名なナポリの大御所のサルトリアがこぞってシャツを外注に出しているというこのアンナ・マトッツォ。

その中でもセレクトショップなどで展開されており、比較的手に入りやすいセミハンドメイドラインのAM napoliのシャツをレビューしていきます。

AM napoli シャツの特徴

このアンナマトッツォのシャツの特徴は何よりも、経験より作られたであろう、男の色気を最大限に引き出すシルエットです。

絞られたウエストライン、ボタンを二つ開けたときにもネクタイをしたときにも美しい襟の形。そして少し長めに、下腕のあたりでふっくらと余りエレガントに溜まる袖。どれもこれもあまりにバランスが良く、そして美しいくため息が出そうなほどです。

ただ、このブランドのシャツにしてはギャザーの寄せ方がそれほど特徴的でないのは少し残念なところ。これが例えばアンナマトッツォ製と言われるサルトリア・アットリーニのシャツを見てみると、まるでレディースのシャツかのように複雑で大胆なギャザーが、各所に寄せてあります。

そして個人的にはその女性的なギャザーこそがアンナマトッツォの最大の特徴だとは思っています。

そうはいってもやはりAM napoli のシャツも、アンナマトッツォが作るセミハンドメイドなだけある。着てみると比較的小さめのサイズのものを選んでも、可動域を一切狭めることなく、非常に快適な着心地なのが分かります。

これはまるでニットの下着を着ているかのようですね。

そして特に感じられるのが肩周りの軽さですね。そしてその理由は明らかに、手縫いで熟練した技によって縫われる袖付けです。

anna matuozzo02

普通のシャツは手縫いによる袖付けとはいっても、これほどまでに柔軟な縫い方はされていないことがほとんどです。

例えば同じくナポリのシャツの袖付け。

mario muscariello03

わりと一定な間隔で縫われているのが普通ですね。しかしアンナマトッツォのシャツはまるきり決まりのない手縫いにて、経験と直感を頼りに最も必要な部分を、必要な力加減で縫い合わせてある。

最初に見たときには驚きました。

ちなみにこのAM napoli のシャツは他の部分、例えばボタンホールなどに始まり肩付けや襟付けなどほとんどをミシン縫いにて行っています。

anna matuozzo03

なんだ、ミシン縫いか。と思われるかもしれませんが、いや考え方が違います。「ミシン縫いでここまでのレベルなのか」ということです。

このミシン縫いのAM napoli アンナマトッツォは、着心地やシルエットだけで考えれば完全にサルバトーレピッコロやボレリといったハンドメイドシャツと同レベル、場合によってはそれよりも上のレベルです。

もしも何も言われずに着ていたら、フルハンドメイドと勘違いしていたかもしれません。ということは、このブランドのフルハンドメイドは……?

アンナマトッツォのシャツは伝説になりつつありますが、そのセミハンドメイドラインは、その伝説を最もリアルに、しかも手軽に感じることのできる素晴らしいシャツだと思います。

 

いかがでしたか?

非常にレアなシャツなので中々見つけ辛いかと思いますが、もし見かけたら是非試着してみてくださいね!