【音楽】8弦ギターの月遊詩人、山田庵巳の魅力

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中性的かつ少年性のある歌声。フラメンコのような荒々しさ、そして繊細さを兼ね備えたギターの超絶テクニック。それら2つが同時に耳に届きます。山田庵巳の音楽をはじめて聞いた時には、何か珍しい動物に遭遇してしまった、そんな気分になったのを覚えています。

青葉市子による楽曲のカバーで注目される

青葉市子の師匠的な人物でもあり、ステージに立つきっかけをつくったことでも知られている山田庵巳。彼の存在が多くの人に知れたのは、青葉市子によるインタビューでの発言や、楽曲のカバーの影響が強いといえます。そこで注目されたのはもちろん楽曲そのものの素晴らしさがあってこそのことです。それゆえに、この曲の産みの親である山田庵巳が注目されたのです。

青葉市子に関する記事はこちら↓

【音楽】青葉市子 魅惑のカバー曲5選

音楽】素晴らしい!青葉市子のコラボワーク曲4選

 

山田庵巳の代表曲といえば、長編大作の機械仕掛乃宇宙でしょう。めまぐるしく展開してゆく曲の中で、少々シニカルともとることのできる、切なく儚い人間のひたむきさや不器用さを語っています。

【機械仕掛乃宇宙】

続いて、はるなつあきふゆ。機械仕掛乃宇宙同様、青葉市子によりカバーされた曲です。オーケストラ色のある豊かでダイナミックな展開。生まれてからその最期の瞬間までを綴る、人生を四季に例えたような歌詞が沁みわたりたまりません。

はるなつあきふゆ めぐりゆく月日を あとどれくらい 数えられるのかな
 これから訪れる 全ての月日は きっとあなたに 捧げるために あるのだろう」

【はるなつあきふゆ】

アルバムの存在

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

25歳の時より、ライブを主体に活動を行ってきた山田庵巳。2011年11月、たった2日間のレコーディングを経て、ハイクオリティーなファーストアルバムが完成。そのレコーディングはぶっつけ本番の一発録りとのこと、衝撃的です。本気の緊張した空気感とダイナミックな生々しさを体感することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

収録曲は12曲という、申し分ないボリューム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クレジットでの山田庵巳の担当が「おはなしとギター」なのが可愛らしいです。

このアルバムの購入できる場所について、分かっている限りですとライブ会場 or 浅草スリーラバーズのみのようです。遠方の方、ライブに行けない方は浅草スリーラバーズの通販で購入可能です。→浅草スリーラバーズ

 

私が歌ったり語ったりする物語はすべて あなたと深く堅い縁で結ばれています.
何故ならば 今あなたは その聞き手だからです.

「山田庵巳staff blog 山田庵巳通信より」