【裏技】どんなスーツでもお洒落に着こなせる唯一のコーディネート!

スーツのコーディネートは色や柄、素材感の組み合わせなど様々なことを同時に考えなければならず非常に難しいというイメージがありますよね。

紺のスーツであればこの色、グレーならこの色など、相性の良い色や悪い色を毎日考えながらネクタイを結んだりするのは大変なことです。

実は、そんなあなたにおすすめしたい裏技があります。

というのも、たった一つこのシャツとネクタイの組み合わせを覚えるだけで、どんなスーツも難なくお洒落に着こなすことができてしまうというスーツ着こなしの鉄板コーディネートが存在するのです。

それでは早速見ていきましょう。

どんなスーツにも合うVゾーンはこれ!

Liverano & Liverano (Jacket) Cesare Attolini (Shirts) E.Marinella (Tie)
Liverano & Liverano (Jacket)
Cesare Attolini (Shirts)
E.Marinella (Tie)

スーツやジャケットには様々な色がありますが、一般的に用いられる色のものであればこちらの

『ライトブルーシャツ+ライトイエローの小紋柄ネクタイ』

で難なくお洒落に着こなすことができます。

どんなスーツにも合うとされる紺のドットネクタイに白シャツでも悪くはないのですが、少し華やかさが足りず、いつも着るには面白みに欠けてしまう場合があります。

それに対してライトブルーのシャツのクールさと、ライトイエローの華やかさを併せ持つこちらの着こなしは、どんなスーツでも特定の雰囲気に偏りすぎず、常に中庸な雰囲気のお洒落な着こなしをすることができますね。

それでは実際に、各スーツに合わせてみましょう。

紺スーツでのコーディネート・着こなし

Belvest 3B Flannel Suit
Belvest 3B Flannel Suit

まずは定番のネイビースーツに合わせて。

ネイビーに相性の良いシャツは白シャツと、青シャツ。ただし青シャツはあまり色の濃いものであってはいけません。

また特にこうして青シャツを紺のスーツと組み合わせたときに、紺などの青系のネクタイを組み合わせてしまうと、ちょっと寒々しいコーディネートになってしまいがちです。

もちろんそういったクールな雰囲気のスーツ着こなしをしたいときであれば良いのですが、すこしキツい印象に見えてしまうことがありますので、柔らかく優しい印象や、お洒落で豊なライフスタイルを持っていそうな雰囲気が欲しい人にはちょっと向いていないかもしれません。

このライトイエローのネクタイは、そんな青シャツ+紺スーツのクールな着こなしに、ちょっとした明るさと温かさを付け加えてくれます。

またネクタイは小紋柄を選ぶことによって、ストライプのスーツでも無地のスーツでも柄がぶつかりにくく、オールマイティに着こなすことができますね。

例えばこのネクタイがレジメンタルであったならば、こういった非常に存在感のあるストライプのスーツに合わせるときには相当気を使わなければなりません。「ライトイエローの小紋柄」をおすすめしているのには、そういった理由がある訳です。

グレースーツでのコーディネート・着こなし

ciro paone
Ciro Paone (Kiton) 3B Windowpane Check Suit

紺に次いで定番のスーツである、グレーにも合わせてみましょう。

もともとグレースーツとライトブルーのシャツは最も相性の良い組み合わせの一つ。本場イタリアではグレーのスーツにはフォーマル感の強くなりすぎてしまう白シャツよりも、青のシャツを合わせることが多いと言います。

ちなみにグレーのスーツと言っても、様々なグレーがありますよね。写真のような深めのグレーであればビジネスなどにも使いやすい畏まった印象がありますし(ちなみにチェック柄は目立つ目立たない関係なく、カジュアル由来の柄なので服装に厳しい会社ではやめておきましょう)、ミディアムグレーならば少しダンディな雰囲気でスーツを着こなすことができますね。

ライトグレーは非常におすすめな色合いですが、遊びスーツの印象が日本では強いので、服装の自由な会社の人におすすめです。

そんなグレーのスーツに青シャツを組み合わせた着こなしには、紺やブラウンなどを始めとして多くのネクタイが合いますが、そこでもグレースーツを沈み込ませず、お洒落さを際立ててくれるライトイエローは特におすすめです。

今回のような深いグレーならば明るさを補ってくれますし、ライトグレーに合わせればいかにも南部イタリア的な洒脱な雰囲気になるでしょう。

ブラウンスーツでのコーディネート・着こなし

sartorio
Sartorio 3B Brown Stripe Suit

ブラウンと黄色の組み合わせは、日本では馴染みがないかもしれませんが、どちらも自然を貴重にした色で相性が良く、お洒落な人々にとっては定番といってもいいもの。

それにプラスしてイタリアの鉄板コーディネートとして有名な「マローネ・エ・アッズーロ」すなわち栗のような茶色と晴れ渡る空のような明るい青の組み合わせを使って着こなすコーディネート。

今回のライトイエローのネクタイにライトブルーのシャツを合わせた着こなしは、このマローネ・エ・アズーロにブラウンと黄色の組み合わせと、最も相性の良い2色を2組使った非常に上級な着こなしです。

茶色のスーツは、グレーに近い彩度の低いものであればあるほど着こなしが簡単で、明るいものであるほど着こなしが難しいと言われています。茶色のスーツはビジネスの世界的なスタンダードであるグレー、紺に比べれば少し着る機会も少なく、マイノリティな存在ですが、年齢が上の人であれば特に挑戦していただきたい実に魅力的なスーツです。

特にツイードやフランネルなど秋冬の着こなしで用いられることの多いブラウンですが、下のジャケットのように春夏もののブラウンはよりウェルドレッサー向けですが、大変お洒落ですね。

dal cuore

イタリアでも一番エレガントな人々が住む都市といわれるナポリを中心として、多くの都市でこのブラウンが春夏にこそお洒落な色として愛されていますね。

いかがでしょうか?こんな感じで、「ライトイエローのネクタイとライトブルーのシャツ」であれば、どんなスーツでもお洒落に着こなすことが可能です。

良質なネクタイの選び方(おまけ)

marinella

今回撮影に使用したネクタイは、イタリアのエレガントな人々には欠かすことのできない一品として有名な、E.Marinella マリネッラのネクタイ。

マリネッラはイタリア南部の都市ナポリのハンドメイドネクタイのブランドですが、そのシルク生地はイギリスの名門シルク生地ブランドであるエバンス社のものを用いていることで有名です。

そのため色柄は英国的な非常にクラシックでセンスの良い小紋柄が多く、可愛さとオーソドックスな雰囲気を兼ね備えたすばらしいネクタイばかりラインナップされています。

少し硬いかな?と思うようなざっくりとした生地感ですが、見慣れてくるとこの生地感が心地よくて溜まりません。

またマリネッラのネクタイは芯地に非常にハリコシがあり、一度結ぶとずっとその美しいノットを維持してくれるうえ、結んでいた後が残りにくく、耐久性があります。

こういったところも、マリネッラのネクタイがエレガントな人々に愛用されている理由でしょう。

またその他にもセンスの良い柄のネクタイをラインナップしているブランドとしては、ステファノビジ、タイユアタイなどがあります。

特にステファノビジはマリネッラのエレガントさにちょっとしたポップさを盛り込んだような柄が、タイユアタイは群を抜くファッションセンスをもとにデザインされるクラシックとアーティスティックの中間のような柄が特徴ですね。

どちらも素晴らしいブランドなので、要チェックです。