いつもより気分良く目覚めた朝にしたい5つのこと

【なんか良い朝!】

というふうに感じる朝があります。

なんとなく外が静かで、ちょっと気持がすっきりしていて、いつもよりもこころなしか陽の光が優しい。

窓が少し開いてて涼しい風が入ってきたり。

そういうちょっといつもより気分の良い朝にしたい5つのことを考えてみました。

 

①音楽を流す

もちろんこういう朝に最初にすべきことは、音楽を流すこと。

テレビはちょっと騒がしくて情報量が多いですから、せっかく気持よく起きた朝にはつけないでそっとしておきましょう。

その代わりにオーディオを。Youtubeで聴くなら、パソコンからオーディオに出力できるようにしたいですね。

 

清竜人 – Morning Sun

 

Bill Evans – Waltz For Debby

 

 

②紅茶を入れる

ティーバッグになっていない紅茶を茶こしを使っていれるというのは、結構手間がかかります。

でもその分だけ美味しくて、特別な時間を楽しめる。

CUP_minton

いつもとちょっと違った朝をより楽しむためには、FauchonやLupiciaなどの紅茶がオススメ。

その日のに合わせてフレーバーを選んだりと、楽しめます。

 

③読書

時間のある朝には、朝日がのぼりきるのを待ちながら読書をしたいですね。

気分が落ち着き、一日の時間をすごく長く感じて得した気分に。

朝読むのなら、村上春樹訳の『グレートギャツビー』なんかは凄く良いかも。独特の語り口はさっぱりとしていて読みやすく、人間らしい物語をどんどん読み進められます。

もし英語が得意なら洋書にも挑戦!朝から自分に自信がつくような時間を作りたいですね。

morningsun

 

 

④今日の目標を確認する

いつもは忙しさに追われて終わってしまう一日も、今日はちょっと有意義に過ごしたい。

そういうときは、今日自分がどのくらい自分の目標を達成したいか、どんなことをしたいかなど、紅茶を飲みながらゆっくりと考えてみるのも良いです。

ゆっくりと目標に対する自分の位置について考えてみると、「本当にこの予定でいいのかな」とか「もうちょっとこうしよう」というふうに気づくことがあるはず。

目標を意識しながら過ごす一日は気持が良く、意識を高く保つことができるので自信もつきます。

 

 

⑤予定を立てる

そのように素敵な気分に目覚め、音楽が流れ、紅茶を飲んでいるような朝にはぜひ、これからの予定を考える時間を作りましょう。

これはなぜか。

こういう時間を過ごしているときには、脳がすごくプラス思考に、ポジティブに働いているからです。すると、自分にいい結果がでるような予定や、挑戦するような積極的な予定を立てることができる。

そんな予定が自分を成長させます。

これが疲れているときだと、なかなか「新しいことをしよう!」なんて思えないですよね。

ぜひチャンスを使って、自分を高めるような予定を立てましょう。

 

 

 

【自分のために使う】

いい気持ちで起きた朝は、誰かに連絡したりせずに自分のために使うのが一番。

自分自身を高めるきっかけになるような、有意義な朝にしましょう!