50代メンズファッションの基本

若者が「草食系」だとか「プア充」だとか言っているこの時代。

正直そんなものはお呼びではない。

今こそ50代のダンディズム圧倒的な経済力で若者を蹴散らし、若い女性の心をわしづかみにしよう。

50代のメンズファッションはトラッドを極める

50代にもなればもう中途半端なカジュアル衣料なんか着ていちゃいけません。徹底してカジュアルを追求するならともかく、どこにでもあるようなカジュアルはやめてしまいましょう。

モテるオヤジになるなら課題はいかにトラッドを着こなすかです。

若者には着こなせない渋いトラッドを、「ただのオヤジ」にならないように着こなすのが50代メンズファッションの基本。

suit

ガンクラブチェックやプリンスオブウェールズなどの英国調の柄、あるいはペイズリーやアイビーストライプなどトラッドな柄。

そのような50代だからこそ着こなせるアイテムを積極的に取り入れるのが重要です。

でも、ただそれを使うだけでは若者には勝てません。

若者に勝つためには3つのことを気をつけましょう。

①サイズはジャストサイズにする

Rubinacci-5

アイビールックとみゆき族の時代を生き抜いた親を持つ50代のメンズファッションは、往々にしてサイズがゆっとりとしすぎています。

アメリカントラッドな箱形(ボックスシェイプ)のジャケットは今では時代遅れで、ダボダボのパンツなんかは若者に最も忌み嫌われているアイテムです。

ですから今からジャケットを買う場合は標準的なシェイプ、あるいは出来ればややしっかりとウエストに絞りの入ったものを選びましょう。また、サイズが大きすぎてはいけません。肩幅でピッタリと合わせ、ジャストサイズを見つけてください。

スラックスは体型に関わらず、ワンクッションをおく裾丈+軽くフィットした太さのものを。

20代〜には短めの裾丈が流行っていますが、50代の場合はくるぶしが見えるような着こなしよりも、ワンクッションあるくらいの方が自然でしょう。

②セレクトショップをチェックする

tomorrowland

服を買うとき、いつもの癖でニューヨーカーやVAN、J.PRESSなどの年配の方に人気なブランドばかりをチェックしてはいませんか??

若者に打ち勝つためには、若者がどんな場所で服を買っているのかを知るべきです。

まずチェックすべきは、TOMORROWLAND トゥモローランドというブランドと、SHIPS シップスというブランド。

どちらも若い人を中心に人気なセレクトショップですが、中でもやや年齢層が高めで30代〜に人気な2ブランドです。

特にTOMORROWLAND トゥモローランドはトラッドなアイテムを自由に解釈したような、50代のメンズファッションを盛り上げる服を多く取り揃えているのでおすすめ。

そこらの若者にはなかなか手の出ない値段なのも魅力です。

いくら若者が好むブランドで買い物をすべきとは言っても、そこらへんの大学生と同じ服を着てるってんじゃオヤジとしてのメンツが立たないでしょう。