【女子】同性から好かれるために注意する3つのこと

男性からは人気でも、同性である女性から良く思われていない女性っていますよね。
彼女たちに共通するポイントとはいったい何なのでしょうか。

そこで今回は女性たちに、「身の周りにいるイヤな女性」についてアンケートしてみました。

DSC_7657

 

■自分をキャラ付け

 

・「よく、『私はブランド物しか着ない主義だから』と言う大学の友人。しょっちゅう言われるとウンザリ……」

 

・「『私って○○な人じゃないですか~』って言う人。テレビとかネットではよく聞いていたけど、実際に出会って「ほんとにいるんだ……」とびっくりした」

 

・「何かあったら、『私、サバサバ系女子だから!』の一言で済ます、ガサツな先輩」

 

「○○系女子」なんて言葉が流行っていますが、そのせいか、自称「○○系」を名乗る女性も増えた気がします。しかし「サバサバ」と「ガサツ」はいくらなんでも別物ですよね。

「私って○○なタイプじゃないですか~」と言われたら、「そうなんだ。知らなかった~」とサラッと流しておきましょう。

 

 

■ヒステリック

 

・「気に入らないことがあると、後輩の女の子に当たる先輩。もちろん男性の前ではしない」

 

・「気分次第ですごく優しかったり、はたまた嫌がらせのようなことをしてきたりする上司……行動が読めなさ過ぎて疲れる」

 

・「気分屋の人といると気を遣うし疲れる」

 

 

優しいと思ったら急に怒ったり……特にその相手が上司だったり先輩だとちょっと怖いですよね。八つ当たりの対象にされたら堪ったもんじゃありません! ヒステリックな人には、ある程度の距離を保って接するのがベターでしょう。

 

 

■男の話しかしない

 

・「毎日毎日、聞いてないのに『彼氏がさぁ~』と、彼氏の話ばかりな友人。私の話は聞いてくれない……」

 

・「『誰か紹介して!』か『合コン開いて!』が口癖の、職場の同期にイラッとする」

 

・「『彼氏欲しい』とか『いい人いないかな~』とか、そんなことばかり言う友人がいる。それ以外に楽しみがないのかなと思う」

 

・「婚活に必死な先輩がいるけど、必死すぎてちょっとかわいそうになってくる」

 

 

会うたびに彼氏の話や男性の話ばかりされても、楽しくないですよね。ましてや毎回「誰かいい人紹介してよ~」なんてしつこく言われたらウンザリするどころか、紹介してあげる気にもなりません。

 

 

いかがでしたでしょうか。もしも自分に当てはまるものがあったという方は、女性を敵に回さないよう今すぐ自分の発言に気をつけましょう!