任意保険の種類

原付きの任意保険は基本的に「対人対物無制限」というものがあります。
これは、誰かに当ててしまっても、何を壊してしまっても、何億円でも保険会社が支払ってくれます。
無免許運転であったり、飲酒運転の場合は保険が出ないので、それだけ注意すれば殆ど安心と言えます。

自動車の場合にも「対人対物無制限」がありますが、他にも「車両保険」というものがあり、これに加入すると自分の車の修理費用が出ます。
例えば一人で運転していて、ガードレールにぶつけて壊してしまっても、ガードレールの修理代(相手の修理)と自分の修理代(車両保険分)が両方出ます。

原付きの場合は壊しても数万円の修理代ですが、自動車の場合は普通の軽自動車でもガードレールにぶつけると10万円〜30万円程度の修理代が掛かるので、この車両保険というのに加入すると安心です。
ただ、車両保険というのは保険料が高いので、必ずしも入ったほうが良いわけではなく、自分で判断すると良いです。

いずれにせよ、任意保険の対人対物無制限というのは必ず加入する必要があります。
原付きの場合は年間3万円程度、自動車の場合は5万円〜15万円程度ですが何かあってからでは後悔するだけなので、親に頼んででもこれだけは絶対に加入しましょう。

 

任意保険の特約

自動車の任意保険の特約に「個人賠償責任保険」というものがあります、これはオプションで保険に付帯することができるサービスですがとても便利なので紹介します。

この個人賠償責任保険というのに入っていると、車やバイクに乗っていない時でも賠償請求のリスクを回避できます。
つまりどういう事かというと、他人の物を壊してしまった場合に保険が降りることがあります。

例えば、

「買い物中に、不注意でお店にあった高級なステンドグラスを割ってしまった。」
「子供が幼稚園の友達のおもちゃを壊してしまった。」
「子供が駐車場に停めてあった他人の車をキズつけてしまった。」

など、ちょっとした不注意で他人の物を壊したり傷つけてしまうことがあります。
そんなとき、修繕費や代替品の購入費など、実費を請求しなければなりませんが
わずかの不注意で、何十万円も請求が来たら本当に大変な事になってしまいます。

そういう時に、この個人賠償責任保険に入っていると、保険会社が代わりに払ってくれるのです。
この、「個人賠償責任保険」というのは、自動車保険に特約で年間1000円程度で付帯させることができます。

月額でいうと、たった100円程度の金額でこのようなリスクを回避できるので、とても安心で安全な保険だと言えます。
自動車保険の他には自宅の火災保険などにも付帯する事ができ、家族で一人が加入すれば、子供や家族全員がこの保険を受けることができます。
ですので実質的に一人辺りは月額数十円とも言えます。

ただこの保険は対象外があり、自動車を運転して相手の車に当ててしまった場合や
仕事中に会社の物を壊してしまった場合などは対象外になります。
他にも家族のものや親族の物を壊してしまった場合にも対象外になります。

ですので、何か乗り物を運転しているとき、仕事中の事故、家族内の事故は対象外とおぼえておくと良いでしょう。
他にも友達から”借りている物”を壊してしまったときにも対象外になります。

保険の範囲は広いですが、こうした範囲外のものもありますので、加入する前にきっちり調べておくと良いです。

17y_otona