自動車運転免許

運転免許

運転免許証を取得すると、大人になれた!という実感が強いと思います。
16歳から原動機付自転車の免許を習得できますが、現在でもほとんどの高校で取得が禁止されているので実際に所持しているひとは少ないはずです。

18歳からはほとんどの人が免許を取得でき、就職系に強い高校など早い人では在学中に取得する人もいます。
また春休み中や、大学に進学して最初の夏休みに取る人も沢山います。

ここで大学に人気の高い、原付スクーターに乗ろう!と考えている人も多いと思います。
原付きは自転車と同じ感覚で非常に便利な乗り物ですが、何点か注意が必要です。

制限速度、規制の問題
安全性の問題

原付きは便利ですが、この3つの問題があります。
まずは、原付きというのは自動車や大きなバイクと違い速度規制が30キロになっています。
この時速30キロというのは現実的ではなく、幹線道路を走るのにはとても危険です。

片側3車線などの道路を走るときに、原付きで路肩近くを入っているときに、後方から大型トラックやバスなどが追い抜いていくわけです。また、右折する際も二段階右折といって、普通の車と違う右折方法を取らなければなりません。
そういった理由もあり、長距離の運転には向いていない乗り物といえます。
街中をちょっと乗る分にはとても便利ですが、長距離の移動はできないと考えておきましょう。

もうひとつは安全性の問題です。
これは持論になりますが、初心者ほど安全な乗り物を選ぶべきです。
何故なら運転する人は交通状況に慣れていなく、原付きの特性上、細いタイヤでブレーキも貧弱なので転倒のリスクが常に付きまといます。

特に顔に傷が付いたり、腕や足など見える箇所に一生残る傷が付く事があります。
男性が足に傷が付くのはさして問題はありませんが、女性の場合はコンプレックスにもなる重要な問題なので、バイクは控えるのが賢明と言えます。
原付きに乗りたてで事故を起こすという話もしばし聞きますので、幹線道路を走ったり遠出するようであれば、車を選ぶようにしましょう。

 

 自動車保険

これはバイク・車どちらに乗るとしても絶対に必要です。
運転する=必ず任意保険に加入と覚えておく必要があります。

原付きを登録したり、車の車検を取ると、強制保険(自賠責保険)というのがついてきますが、この保険には対物保険というものが付いていません。

任意保険についてくる、「対物保険」とは何かと言うと、相手の物を壊してしまった場合に降りる保険です。
例えば原付きで高級外車にぶつけてしまった場合など、あっという間に何百万円の請求をされてしまいますが、しっかりと対物保険のある任意保険に加入する事によって保険会社が代わりに支払ってくれます。

自分は運転が上手くて問題がない!という場合でも加入は必要です、相手の不注意で”ぶつけられて”しまっても、こちらも支払う義務があります。過失割合というのがあります。
相手の責任が8割で、自分の責任が2割だとします。

ほとんど相手の責任と言えますが、相手の修理費用の2割を負担しなければいけません。
つまり相手の修理代が100万円だったとすると20万円は”悪くない自分”が払わなければいけないのです。
街中にたくさん走っている高級車はドア1枚とバンパーを傷つけただけで、それくらいの額になります。

他にも雨の日など運転不注意で歩いていた医学生に当ててしまうと、何千万円もの賠償請求をされてしまいます。
保険は「対人・対物無制限」というものに加入すれば、相手への保証はできるので、その点を注意して必ず加入しましょう。

もしも自分の車や搭乗者(一緒に自分の車に乗った人)へも手厚い保証が必要であれば、「搭乗者傷害保険」や「車両保険」のような、相手では無く自分への保証も選ぶことができます。

17y_otona