スキンケア・基礎化粧品

スキンケア・基礎化粧品

化粧をしなくても肌がピチピチなのが10代の特徴ですが、この時から丁寧にケアをする事によって20代~40代になっても尚、綺麗な肌のままでいる事ができます。
高級なものを使う必要はありませんが、素性のしっかりとしたメーカーのもので、洗顔・プレ化粧水(スプレー)・化粧水・乳液・クリームなどを用意すると良いです。
年齢からしてもクリームなどはまだあまり必要ではないと思います。もし簡単にスキンケアをしたいのであれば、化粧水と乳液だけでも買って毎日お手入れすると良いです。

また洗顔ですが、”爽快”や”泥で汚れを落とす”といったメンズで良くあるような商品は絶対に避けるようにしましょう。
特につぶつぶが入っているものなど、洗顔直後は顔の油がきっちりと取れて爽快なのですが、皮膚を保護する正常な油までも落としてしまい、肌が過剰に油を出してしまいます。
この過剰な油が、ニキビやギトギトに繋がってしまうこともあります。他にも、クレイ素材が肌を傷つける事もあります。

ですので洗顔は、奥様向けや敏感肌用の刺激が弱く、肌にとても優しいものを選ぶと良いです。
洗顔後に肌がキコキコ綺麗さっぱり油が落ちるものは避けるのが賢明と言えます。

梅雨の時期などはあまり気にしなくてよいのですが、乾燥する冬は洗顔の後に部屋で、きっちりと化粧水を肌に染み込ませて、その後に膜をするようにして乳液で保護することが大切です。
顔に付いた水が蒸発するときに、皮膚の水分までも持って行ってしまいます。例えば、唇が乾燥したときに舐めるのが逆効果というのを聞いたことがあるはずですが、同じようにまた
肌も水分が飛びやすいので、化粧水でしっとりさせた後は乳液やクリームなどで優しく膜を貼るようにしましょう。

手や指先の乾燥であれば、化粧水+ワセリンクリームなども有効的です。水を通さないので、乾燥した時期でも肌をみずみずしく保つことができます。
他にも香りの良いハンドクリームなどもおすすめです。

話が少し異なりますが、靴ずれの対策には、予めの絆創膏で靴ずれを予防する事ができます。
例えば新品の靴をおろして、試しに少し歩きます。そこで、特に当たって痛い箇所の指などに、先に絆創膏をするのです。それがクッションになって靴ずれが大幅に軽減されます。
もちろん、そうして何回か履いている内に靴が自分の足に馴染んでくるので、絆創膏なしでも問題なく履けるようになります。

17y_otona