シャンプー・コンディショナー

シャンプー・コンディショナー

手軽にできるサラサラヘアでも詳しく紹介していますが、10代のうちから適切なヘア手入れが重要です。
キューティクルというのは、髪の表面を覆っているうろこ状の角質が綺麗に整って滑らかな状態になっていることで、写真に良くある天使の輪はこれによって作られます。
ただ摩擦や乾燥、紫外線に弱い上にダメージを受けやすく、強いダメージを受けると角質が剥離してしまい、ゴワゴワとした髪になってしまいます。
そこで、シャンプーとコンディショナー選びや、ヘアダメージを最小限に抑える方法を紹介します。

実はシャンプーは1930年に液体シャンプーが発売されてから、まだ80年程しか経っていません。
当時はココナッツオイルと純オリーブオイルが原料として作られていた自然なものでした。
現在のシャンプーは洗浄能力が強く、あまり1日に何度も洗うと頭皮を痛めてしまう事になります。
脱脂力が強すぎる場合、頭皮を保護する正常な油を落としてしまうので、過剰に油がでたり、皮脂が傷んでしまいます。

逆に、シャンプーが少ないと頭皮が油で汚れたり、常在菌が繁殖して地肌を痛めてしまいます。1日に1~2回程度を目安に行うと良いです。
整髪料などを綺麗に落としたい場合は、あまり頭皮をゴシゴシしてしまうのでなく、
1度めは頭皮の汚れを取り、2度めは毛先を重点的に、などと意識して分ける事によってサラサラヘアを維持できます。

シリコン入りシャンプーというのが国内メーカーで主流のものですが、これは髪の毛がツルツルするようにワックス成分が入っているもので、健康的な髪に悪影響を及ぼします。
ですので、欧州や米国では10年以上前からオーガニックシャンプー(ノンシリコンシャンプー)が主流です。
日本では花王や資生堂など大手企業の影響力が強く、未だにあまり髪に良くないシャンプーを販売しています。テレビで宣伝されている商品はそういったシリコン入りシャンプーが殆どです。

そこで、どうしたら良いシャンプーとコンディショナーを入手できるかと言うと、美容院で入手するのが一番オススメです。
髪に対するプロが普段から使っているノンシリコンシャンプーやコンディショナーが適正な価格で入手できます。
他には輸入雑貨店などで、オーガニックシャンプーを買うのも良いです。特に天然由来成分が主体になったものが良いです。アイハーブなどで個人輸入する方法もあります。
ただし少し気をつけたほうが良いのが、ノンシリコンシャンプーにもグレードや種類があり、薬局で置いてある安価な千円未満の物には髪がベトベトするような変なものもあります。
ですので、安易に安いからといって量販店で選ぶのは気をつけた方が良さそうです。

17y_otona