基本的な応急処理

応急処理について

自分や誰かが怪我をしたときに適切な応急処置が必要です。大学生や社会人になると、その場で助けれるのが自分だけ、という状況もあります。

切り傷。例えばカッターでちょっと切れてしまったときや、調理中や作業中に怪我をしてしまった場合。また外で転んで擦り傷を負ってしまった場合。
すぐさま傷口を流水で清潔に保ち、サランラップで覆います。もしくはバンドエイドのキズパワーパッドなどを貼ります。
昔はキズは消毒して、乾かして、絆創膏を貼ってかさぶたを作って治すという考え方でしたが、現在は潤い療法といって、傷を乾かさずに治癒するという方法が主流となっています。

特に傷跡が綺麗に消えやすいのが特徴で、完治までの時間も短縮できます。
この方法を初めて使うのには手順が必要なので、予めネットなどで「潤い療法」について勉強しておき、何かあった時にすぐにこの方法で治療するのが良いです。
もしも広範囲の擦過傷を負った場合には医療機関での手当てが必要になります。

やけどをしたとき。やけど=冷やす、と頭にしっかりと入れておきましょう。範囲が小さな場合は、流水で長時間冷やしつづます。
大したことない、と思っていても後から炎症が起こり火傷の傷がひどくなる事もありますので、水や氷できっちりと冷やすのが大切です。
場合にもよりますが、少しのやけどでも20分程度は冷やした方が良いです。また、いかに早く冷やすかで完治までの時間が変わります。
とにかく火傷をしてしまったら、即時冷やす。手元に水の入ったコップがあれば、まずはそれを掛ける位の早さが必要です。

範囲のおおいやけどの場合、屋外や油の料理中の事故などで範囲の多いやけどをしてしまった場合は、お風呂場などでシャワーを使って冷やします。
衣類は来たまま水で冷やすのが良いです。無理に脱ごうとしたり、脱がすのは皮膚に影響があるために厳禁です。
大きな火傷の場合はすぐさま救急車を手配したり、医療機関に連絡・通院する必要があります。

風邪を引きそうになった時。冬の寒い季節など、乾燥すると風邪が流行する事がありますね。
こういった時、「咳は出ないけど何となくダルい」と感じる時がありますが、そういった時が「最終防衛ライン」と言えます。
まだ風邪になっていないけど、風邪になりそう。そういった時にこそ、市販の風邪薬や葛根湯・麻黄湯などの漢方薬を併用して、栄養のあるものをしっかりと摂取して、長時間寝るのが必要です。
風邪の具体的な症状が出てからでは遅いと言えます。身体がウイルスに負けている状況なのです。そこから治癒するのには長い時間が必要となります。
ですので、体がダルイ時が最後の治癒チャンスと思って対応を講じましょう。市販薬は分量を守ります、漢方であれば併用しても一般的には害がありません。栄養ドリンクなどを追加で飲むのも良いです。

多岐にわたる応急処置がありますが、最低限この3項目は覚えておくと生涯に何回かは覚えておいて良かった!という事があるはずです。またスマートに他人を救える方法でもあります。
AEDや交通事故などの気道確保などは、運転免許を取得する時に必ず講習がありますので、そこで覚えると良いでしょう。

17y_otona